新着記事

2005年12月17日

『スターバックス マニアックス』

前から気になっていた。
街でやたらに目につく緑の丸い看板。
『スターバックス・コーヒー』……通称「スタバ」のチェーン店だ。

ある時、街を歩いていて、ふと入ってみる気になった。

店先の黒板『本日のコーヒー』を腕組みしてにらんでいたら、「メニューは、こちらにもございますから、どうぞ」と明るい声が響く。
若い女性店員が店の中から手招きしている。

店に入って、メニューの種類の多さにめまいがした。
何を選んでいいのかわからない。

「どのようなものが、お好みですか?」
「酸味や苦味の強い濃いコーヒーは苦手で、カフェオレが好きです」
「では、スターバックス・ラテなど、いかがでしょう。ミルクが多いですよ」

ラテと、お勧めのシナモン・ロールを注文して、店員からコンディメント・バー(コーヒーに好みで加える低脂肪ミルクや蜂蜜などが置いてある)の使い方を教えてもらった。
ラテは香り高く、少し甘めのシナモン・ロールとよく合い、くつろぐことができた。

しかし、親切な店員に助けられっぱなしでは「息子を訪ねて田舎から出てきて道に迷い、親切な駅員に助けられる老婆」みたいだ。
ちょっと悔しくなったので調べてみた。

この本は2001年発行。
情報は古いが、スターバックスの全レシピ、オーダーのコツ。限定グッズ。豆の薀蓄。シュルツ会長や各スタッフへのインタビューなど……楽しい本だ。

スターバックスはコーヒーの味と店員の笑顔、家庭と職場以外でくつろげる空間「サード・プレイス」が売りの、今までのファーストフード店とは、まったく違うものらしい。

この本を読んでスタバについて大体わかった。
これで、次にスタバに行った時には、迷わず注文してみせるぞ。
(ひょっとして、私はスタバの戦略に乗せられているのか?)


『スターバックス マニアックス』 小石原はるか著 小学館文庫
posted by ゆか at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みコラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10754449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング