新着記事

2009年03月10日

レポートパッドの大躍進?

最近、東急ハンズやロフト、おしゃれな雑貨店などで、革製のレポートパッドホルダーを見かけるようになりました。
 
『Stationery magazine 004(エイムック)』では、ちょっとした特集が組まれたりして。
この文具、意外に普及してきましたね。

レポートパッドホルダー……レポートパッド(レポート用紙)を持ち歩くための文具。
簡単に言うと「レポート用紙カバー」。

レポート用紙を保護する表紙と、立ったままレポートを書く時の台になる裏表紙。
ペンホルダーつきで、表紙を開いたら、すぐに、どこでもレポートを書ける便利な文具ですが……。

なぜか、これを実際に使っている人を目にするのは、洋画や海外のドキュメンタリーばかり。
日本で使っている人を、まだ見たことありません。

日本では、「なんで、わざわざレポート用紙にカバーつけなあかんねん」と、夫のようなことを言う人の方が多いだろうから、たぶん普及しないんじゃないかと思っていた文具。
『レポートパッドのある生活』参照)。

「雑誌で特集が組まれるほど、今時のビジネスマンは、レポート用紙を持ち歩いてるんやろか」と、ロフトやハンズのレポートパッドを、ひやかしてみたところ、意外なことがわかりました。

今人気のレポートパッドホルダーは、私のレポートパッドホルダーとは、少し違う。

私の愛用は、ソメスの「ライティングパッド」。
パッドを開いて右側に、レポート用紙の裏表紙をはさみ込むためのポケットが一つ。
中央にペンホルダー。
左に切り取ったレポート用紙を入れる斜めポケットと、名刺やカードを3枚はさめるポケット。
……これだけ。

ところが、今のレポートパッドホルダーは、ソメスより、はるかにポケットの数が多い。

例えば、ブレイリオの「コンビネーションジャケット」。
右側にペンホルダーとレポート用紙を差し込むポケット、右側裏表紙の外側にA4書類を入れるポケット。
左側にA4書類やノートを左右両側から入れられるポケット。
封筒や便箋をはさむアオリポケットがついている。

ブリットハウスの「多機能ジャケット」になると……。
右側にレポート用紙差し込みポケットの他に、A4収納可能隠しポケット、ペンホルダーが3つ。
左側には、外内の両側から差し込み可能なA4ノート収納用切り込み、B5収納用切り込み、B5部分小ポケット、A5ノート収納用切り込み、A5部分小ポケット。
……ポケットだらけだ。

しかも、コンビネーションジャケットはベルト、多機能ジャケットはゴムバンドがついていて、鞄の中で開かないようになっています。
ソメスにはない機能です。

「レポート用紙の他、A4書類、ノート、メモ、カード類、ペン、名刺、便箋……仕事に必要なものは、全部揃う」
……こうなると「レポート用紙のカバー」というより、「小型鞄」かもしれない。

「それやったら、鞄の方が手っ取り早いやんけ」と思われる方もおられるでしょうが。
今のビジネスマンは、筆記具以外に、デジタル機器やペットボトルなど、他の荷物も多いですからね。

持ち物を細かく分類収納できるポケットが、たくさんついていて、しかも、丸ごと取り出して持ち歩ける「バッグ・イン・バッグ」という雑貨が定着したのも、鞄の大容量化が時代の流れだからかもしれません。

ですから、「最小限の書類と筆記具だけを携帯する文具」が登場しても不思議じゃない。

ソメスのライティングパッドの中央にペンホルダーがついているのは、ペンを落さないため。
表紙は、「立ったまま筆記する」ために厚手。 

でも、ジャケット類は、ポケットの数が多い分、表紙そのものが薄いですし、ペンホルダーが中央ではなく、右端……すぐに手にとりやすい位置についています。
おそらく「筆記具を持って移動し、机の上で書く」仕様なんじゃないかと思います。

そして、ほとんどのレポートパッドホルダーが、手ざわりのいい上質の革製なのは、異常に忙しくストレスの多い職場で、人々が無意識に「触覚の癒し」を求めているということなのかもしれません。

ひょっとして、日本のレポートパッドホルダーは、「レポート用紙を立ったまま筆記するための文具」から、「最小限の書類と筆記具を携帯する小型鞄に似た文具」へと、進化をはじめている?

私自身は、「アイデアを練る」という集中力のいることにレポートパッドホルダーを使うので、立ったまま筆記することは、めったになく、大抵は机の上に広げていますが。

黒革の表紙を開くと「さあ、やるぞ」と、ちょっとあらたまった感じがします。
普通にレポート用紙を広げて企画を書くのとは違った、心地よい緊張感があって楽しい。

「どうしても必要か?」と訊かれたら、返答に苦しむ文具ですが、これがあることで、仕事がはかどったり、楽しい気分になったりする人も、これから増えるかもしれません。
posted by ゆか at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング