新着記事

2009年07月25日

『空腹力』

「あなたにとって人生で大事なことは?」


「ご飯がおいしいことと、よく眠れること」と私は答えた。

「ご飯がまずいとか食べられないとか、夜眠れないのは不幸じゃないですか?」

……質問者は困惑の表情。

喘息の夜間発作で眠れない私にとって「熟睡」は贅沢だし、ご飯が「食べられない」状況は想像するだけで、ぞっとする。

ところが「腹一杯食べれば幸せか?」というと、そうでもない。
食べ過ぎると数日胃腸がおかしい。
……難しいものだ。

この本の著者は医学博士。
長寿国で知られるコーカサス・グルジア共和国科学アカデミー長寿医学会名誉会員。

副題は「やせる、若返る、健康になる!」。
「やせる」はともかく「若返る」「健康になる」……??? 

脳の寿命は120歳。
人間は水と空気があれば、食料がなくても30日は生きられるそうだ。
人体は飢餓状態に強いが、食べ過ぎでガンや高血圧などの病気を引き起こして、天寿をまっとうできない。

医者の管理下で断食をすると、人間は「空腹力」を発揮……細胞の代謝がフル稼働して体温が上がり、免疫が活発になり、老廃物が大量に排出されて、若々しく健康でスリムになる。

……なかなか魅力的な話だ。

ところが「断食療法をしてはいけない人」の項目に『ステロイドホルモンや抗うつ剤を服用している人で、中止すると危険な場合』がある。
私は中等症持続型喘息患者でステロイド剤を常用。
……残念。

もっとも、使うステロイド剤は、学会の指示の半分以下。
「それで発作がおさまるのなら」と主治医も黙認している。

ステロイド剤が登場して、まだ50年。
数十年使い続けて人体に何が起こるかが、わかっていないからだ。

医学常識の変転に翻弄されてきた喘息歴40年の私は、医者の言葉を半分疑う。
でも、最新健康情報は気になる。
医者の書いた健康関連の本を読むたびに、いつも複雑な気分になるのがわかっているのに。

でも、また読んでしまった。

『空腹力』 石原結實 著 PHP新書
タグ:やせる
posted by ゆか at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みコラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124228557
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング