新着記事

2009年09月05日

『安心できない時代の生き方』

『安心できない時代の生き方』……
そうか。これまでは安心してたんだな。みんな。

やたらにトラブルが多く、油断できない人生を送ってきた私は、タイトルを見て感心した。

この本の「安心」のテーマは防犯。
著者はNPO法人日本防犯学校学長で、犯罪アナリスト。
防犯設備会社を経営していた、強盗などの「侵入犯対策のプロ」。

まず、犯罪が起きやすい地域は、高級住宅街、リゾート地、大規模集合住宅地、新興住宅地、旧い市街地、農林漁業工業地帯、集合住宅と一戸建てが混在する地域、商店街の近く、国道沿い、県境など……。

この条件に全然該当しない土地に住むのは、難しそうだ。

「知らない人」を、日常的に多く見かける地域もよくない。
パチンコ屋、競輪競馬などの公営ギャンブル場、商店街、大型商業施設、病院、学校、駅、公園、公共施設などの近く。

パチンコや競輪競馬はさておき、公園や学校、駅や商業施設が近くて人気のある「便利で住みやすい場所」が危険とは難儀だ。

侵入犯が下見しやすい、駐車場があるスーパーや公共施設、コンビニ、神社仏閣、高層マンションやアパート、空き地や田畑、自動販売機、駅やバス停などが近くにある家も危険となると……。

「もうええわ。どこ住んでも一緒やんけ!」と、本を放り出しそうになった。
しかし、ここで自棄になってはいけない。

「侵入犯に狙われやすい人」は女性、子供、老人、共稼ぎ世帯……ほとんどの人間だ。

こうなると、どんな「安心できる方法」が提案されるのか、逆に興味がわいてきた。

著者は、侵入犯を防ぐために「最新犯罪情報を知る」「自分の情報(表札・ゴミ・洗濯物など)を開示しない」
「日常で隙を見せない」「施錠の徹底」「留守を悟らせない」「地域ぐるみで防犯活動」など、色々な提案をしているが……。

「ここまで対策を立てても、犯罪に遭う確率はゼロにならない」ということも、頭の片隅においておかなければいけない。

『安心できない時代の生き方』 梅本正行 著 PHP


タグ:防犯
posted by ゆか at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みコラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127340973
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング