新着記事

2010年01月23日

『即レス症候群の子どもたち』

実は、私は携帯電話が使いこなせていない。

職場、道場、病院、図書館など、主な立ち寄り先は、ほとんど「携帯不可」で、確実に電話が通じるのは、自宅にいる時ぐらいだろう。
携帯に入るのは簡単な連絡メールだけ。
情報収集はパソコンを使う。

ところが、子供たちはケータイを駆使して、さまざまなことをやっているらしい。
実にうらやましい。

この本の著者は、山形大学基盤教育院准教授で、情報教育が専門。
内容は、親が子供たちに、正しいケータイやネットの使い方を、どう指導していくかについて。

読むうちに、暗い気持ちになってきた。

友達からのメールに30分以内に返信できないと「絶交」されるので、入浴中でも返事できる防水ケータイがかかせない。
しかし、その友達も表面上のつきあい。
友達から「はみ出し者」と見なされれば、即、ネット上で個人情報を公開され、中傷誹謗と学校内でのいじめが激化する……

ああ、息苦しい。
「携帯を駆使して楽しんでいる」わけじゃなくて、「身を守るために携帯を駆使せざるをえない」のか。

ふと思い出した。

高校生の甥が「俺、ほんまはこれが好きやねん」と言いながら、私に1冊の漫画を見せて、「そやけど。こっちが仲間受けええから、こっちが好きなことにしてる」と別の漫画を見せたこと。

私が「おおっぴらに、自分が好きな方読んだらええやん」と言ったら、甥は「ほんまは、俺かて、そうしたいんやけど」と、寂しげな顔をした……。

著者は、親が子供と
「学校、食事中、勉強中、入浴中にはメールをしない」
「利用は1日1時間以内」
「午後10時以降所定の置き場にケータイを戻す」
「フィルタリングは絶対はずさない」などの、「ケータイ・ネットルール」を作り、ルールが守られているかチェックして、親子で話し合うことを提案しているが……。

本当にケータイやネットの脅威から子供を守れるのだろうか。
今以上に、子供たちに息苦しい思いをさせるだけかもしれない。

『即レス症候群の子どもたち』 加納寛子 著 日本標準
タグ:ケータイ
posted by ゆか at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みコラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139137374
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング