新着記事

2010年03月30日

「時間」より大切なもの

最近「時間の使い方」が、とても気になります。
 

例えば、だらだらと同じ調子で続く職場の事務。
予想外の時間にメールが届き、締め切りが急な執筆の仕事。
わけのわからないうちに時間が過ぎて、思ったほど進まない家事。

……それぞれの時の流れが極端に違う感じで。

しかも……

いつも暢気な職場の同僚。
『カレー2人分余ったから取りに来て。午前中は内科、午後は膝のリハビリで、4時以降しか家にいません』とメールをよこす母。

電話をかけてきて、「今手が放せない」と答えると「3分後に電話します」と一旦電話を切り、きっちり3分後に電話してきた税理士の同級生。

「明日はフレックスやから、起きた加減で出勤する。起こさんでええから」と言う夫。

「明日の朝一番に見てもらえばいいや」と、原稿を夜10時にメールで送ると、『原稿ありがとうございました』のメールを夜中の12時半に返してくる編集者。

……いったい、誰の時間感覚に合わせていいのやら。

それでも、自分の時間感覚が、だんだん同級生の税理士に近づきつつあることは、感じています。
自分の時間も他人の時間も大事にしなきゃいけないと思うので。

これから、人工透析をしている義母を引き取り、数年かけて、執筆専業に仕事を切り替えていく予定ですが。
完全に執筆専業、在宅の仕事になると、家事や介護との時間配分が大変そう。

今のうちに、自分で時間の使い方のルールを決めておかないといかんなあ。

1日は24時間しかない。
時間配分だけで、仕事や家事の効率を上げるのには限界があります。
……そうなると、あとは集中力の勝負かもしれない。

仕事時間の集中力を最大に高めて、あとは集中力のスイッチを弱めたり、切ったりして、生活時間との折り合いをつけるしかなさそうです。

少し古い資料になりますが、『NHK「ためしてガッテン」脳もビックリ! 集中力アップ大作戦(2007年8月29日放送)』によると……。

集中する前は……

「自分が興味や関心のあるものは身近に置かない」
「好きな音楽を聞く、深呼吸をするなど、リラックスして「集中エネルギー」を高める」
「「絶対合格」「達成したらおいしいものを食べに行く」など集中ワードを口にする」
「自分が集中できた時の直前にやっていたこと(コーヒーを飲む、入浴)をするなどの「集中儀式」で脳の集中スイッチをオンに!」

集中している間は……

「定期的に休憩して、消費された「集中エネルギー」を再び補充する」
「「環境音(自然音のような脳を刺激しない一定した音)」で気が散る雑音を消す」
「集中力が切れそうになったら、クリアしやすい小刻みな目標と集中ワードを手書きした紙を見て脳を活性化」

……難儀やなあ。「集中する」のに、こんな面倒なことせんとあかんのか。
こういう「気合」やら「根性」やらがちらつく世界、苦手やねんけどなあ。

不安になってきた私が見つけたのは『日本大学文理学部』サイト。
その論文によると、集中力を高め、脳を覚醒させる脳内物質ドーパミンは、自分が興味のあることをしている時に出るらしい。

「じゃあ、やりたくない勉強とかに集中するって、やっぱり大変ですよね」と思われた方もあるでしょうが。
解決策はないわけでもないですね。

ドーパミンとは別の脳内物質TRH(やる気ホルモン)は、興味がないことでも、はじめてしまうと活発に分泌されるらしい。
このTRHで交感神経が興奮。
体を適度な緊張をもたらし、徐々に集中力が上がっていく……。

なるほど。
「集中状態に早く入れるドーパミン」と「徐々に集中状態になっていくTRH」と両方があるわけですね。ちょっと安心しました。

ちなみに、集中力が持続する時間は、約15分〜90分だそうですが。

『持続時間が短くても大丈夫である。例えば、自分の集中力の持続時間が5分だとしても、その5分の集中を繰り返せばいいのだ。これは、達成感にもつながるし、「この5分でこれだけやる。」と決めれば短期集中でき目標を設定すれば、どんどん効率を上げることが出来る』

……私のような「集中力習得初心者」にとって心強いアドバイスですね。

「パソコン前に座るやいなや、抜群の集中力を発揮」は難しいから、とりあえず「雑念が入らない状態を作っておいて、徐々に集中する」をめざしましょう。

同級生の税理士から「企業が休みで電話がかかってこんから、土曜日を「仕事の日」にして仕事に集中してる」という話を聞きました。
それにならって、私も、毎月の『デジタル版・知恵蔵』の仕事は、校正の日程が決まり次第、職場には有給休暇届を出すことにしました。

校正は、締め切りまでの猶予が最大でも24時間。
原稿が届く時間によっては、18時間切っていることも。

時間が短い分、執筆よりも集中力が必要なのです。
著者の私とプロダクション、出版社の間で、原稿添付メールが行きかう大事な日。

原稿の到着が夕方近くなので、以前は職場に出勤して、帰宅後に仕上げていましたが。
やっぱり、原稿の校正のことが気になってしまって、職場の仕事に集中できないので。

思いきって年休を取ってみると、気分的に楽になりましたね。
原稿を受け取るやいなや、すぐに校正にかかれて、1時間程度で送り返せるようになりました。

「集中力発揮」は、今後も大事な研究課題になりそうです。
タグ:集中力
posted by ゆか at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145135368
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング