新着記事

2006年03月11日

『ソニーとSONY』

ソニーはいったい何をつまずいたのだろう。数年前から「ソニーはおかしい」と思っていた。

例えばソニーが開発した「MD」。
私の耳は「音がパキパキして辛い」とソニー製を拒否、シャープ製のMDを選んだ。
PCも買ったが、3回に2回メール受信に失敗する初期不良品。
サポートセンターとの1ヶ月の攻防と2回の交換もムダで、ついに解約返金で決着。

関連会社のソニー銀行やプレイステーション事業などは好調だが、本体のAV事業はひどい。

この本は、1995年から2005年までのソニーの10年を追ったもの。
グループ連結売上高3兆8千億円に対し有利子負債総額2兆円、悲惨な状態で社長に就任した出井伸之氏。
彼はAV機器事業をはじめ、ゲーム、映画、音楽、携帯電話、金融、プロバイダー……巨大組織と多様な経営資源を操り、株主の期待に応えて企業価値を高めようと努力した。

そして、創業経営者世代の大賀典雄名誉会長と、新技術開発でソニーを育てたOB。
ソニーの起業家精神の後継者で、プレイステーションを生み出したコンピュータエンターテイメント社長久夛良木健氏。
ブランドを守りたい社外取締役……

それぞれが「ソニーのために」と一生懸命なのに、なぜかグループ全体の業績は悪化。
2003年、大幅な株価下落「ソニー・ショック」を迎える。

これはソニーの人々が、ユーザーに目を向けていなかったことが原因ではないだろうか。

出井社長からソニーを託された、米国SONYのハワード・ストリンガーCEOと、中鉢良治ソニー・エレクトロニクスCEOは、大胆なリストラと経営投資を敢行した。

『IT Medeia News』2006年1月26日付の記事によると、ソニーは2006年3月期決算予想を、純損失100億円から純利益700億円に上方修正した。
液晶TVとプレイステーション・ポータブルの好調な売れ行きと円安の影響によるものだそうだ。

しかし、ユーザーをわくわくさせる新商品を次々に売り出す、昔のようなソニーに戻るのか、今のところわからない。


『ソニーとSONY』 日本経済新聞社編 日本経済新聞社

posted by ゆか at 11:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 本読みコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14625312
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

【本】ソニーとSONY ☆☆☆☆
Excerpt: ソニーとSONY 日本経済新聞社 2005/11  2005年のソニートップ交代をめぐる記録です。日経は、トップ交代、ソニーフィナンシャルホールディングの売却など、一面で報道してきたのです..
Weblog: ishikoro
Tracked: 2006-04-03 07:25