新着記事

2010年05月01日

『ものごとの「格付け」事典』

「「地盤沈下する日本で、読者が各自の「立ち位置」を認識する足がかりとなれば」と書かれたのがこの本」

……と紹介されていたので、読んでみることにした。

正直なところ、私は「自分の立ち位置」が、最近わからなくなっているのだ。

生まれながらの半病人だが、今のところ、明日死にそうな気配はない。
結婚はしているが子供はおらず、介護の世界で「それを抱えた家庭は、経済的肉体的精神的重圧に耐えきれず10年以内に崩壊する」といわれる遠距離介護に携わって16年。
物書きで事務の仕事もしている。
しかも、最近は「年齢不詳」と言われることも多い。

……どうしたらいいんだろう。

この本の著者は、社会制度に関する執筆をするジャーナリスト。

「格付け」の分野は政治・行政、司法・懲罰、経済・業界、教育・医療、宗教、衣食酒、伝統技芸、プロスポーツ・レジャー、日本史と多岐に渡る。
見開き2ページにつき1項目、豊富なイラストや図で、説明された「格付け」は、わかりやすくて面白い。

ワインのラベルの見方。
宿泊施設は料金の高低だけでランキングされていること。
主な宗派のトップ寺院。
第一類医薬品と第二類医薬品の違い。
国会議員を警護しているのは議院の衛視で警官じゃないこと。

……なるほど。面白いなあ。
でも、これは「格付け解説書」というより「雑学本」じゃないのか。

読みすすめているうちに……

「結局、家庭裁判所と簡易裁判所は、どっちがえらいのか?」
「同じ10年の刑なら、閉じ込められるだけの禁錮刑と働かされる懲役刑と、どっちがつらいのか?」
「囲碁の3大タイトル棋聖戦、本因坊戦、名人戦の中で一番ランクが高いのは?」
「教育委員を首長が選ぶのはわかるが、どの団体からどんな人が選ばれてるか?」

……格付けが完璧でないためか、よけいな疑問が頭に浮かんできて大変だった。

結局、「私の立ち位置」はわからずじまいだったが。楽しい本だったから、まあ、いいか。

『ものごとの「格付け」事典』 安部 直文 著 日本実業出版社
タグ:格付け
posted by ゆか at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みコラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148407254
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング