新着記事

2010年05月15日

『かばんはハンカチの上に置きなさい』

今、私は「営業」することを迫られている。





昔から私は口下手だし、作り笑顔がうまくないし、人の顔色を読むのが苦手だし。
「営業」が嫌で、これまで事務の仕事をしてきたのだが。

本格的に執筆の仕事をするためには、自分で出版社に直接営業する必要がある。
でも、見知らぬ出版社に営業の電話をかけるのは、大変な勇気が必要だ。

この本の著者は、プルデンシャル生命保険株式会社のエクゼクティブ・ライフプランナー。
2000人の保険営業職のトップに君臨する人だ。

保険の営業はフルコミッション(完全歩合制)。
自分の営業力だけが頼りの世界で、私が本格参入する執筆の世界と似ている。

表題は、著者が顧客の自宅に商談に行く時の「自分の白いハンカチを玄関で取り出し、それを自分の座るそばに敷き、その上に鞄を置く」動作のことだ。

地面に置いた鞄を顧客の自宅の床に直接置かない。
こんな営業マンの話なら、「聞いてみてもいいかな」と思う。

今まで、「営業マニュアル」の本は何冊も読んだが、いつも「ポジティブ」「笑顔」「明るく」のオンパレード。
読むたびに「私には無理」と落ち込んでいたのだが。

この本は著者の苦労話や失敗談も紹介されているので、「トップ営業マンでも失敗するんだ」と、営業が苦手な私も、読んでいて安心したりする。

「かっこ悪いほど長時間お客様にお辞儀をすると、自分の中で何かが変わる」
「アポ取り(電話で先方に会う約束をとりつけること)で「NO」と言われた回数を手帳に書き、100になったら、努力した自分にご褒美」

……面白いから、ちょっとやってみようか。

『人と触れ合う楽しさがあり、明確な目標に向かってのやり甲斐もある。仕事を通して自分を磨くこともできる』

……「営業」とは奥深いものらしい。

私も、自分なりに試行錯誤しながら、営業努力をしてみることにしよう。

『かばんはハンカチの上に置きなさい』 川田 修 著 ダイヤモンド社
タグ:営業
posted by ゆか at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みコラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149942327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング