新着記事

2010年06月26日

『iPad vs.キンドル』

iPadが発売された今、電子書籍について知っておかないと、今後の進退にかかわる。


 
……少々あせり気味で、この本を読んでみた。

著者はIT業界に精通するフリージャーナリスト。
アメリカを席巻し、日本に上陸しようとしているeBook(電子書籍)ビジネスの内幕に迫ったのが、この本だ。

eBook……「本をデータ化したもの」を流通させる試みは、1970年代から始まっていたのだが、それが技術的に可能になったのは1990年代。
初期のeBookは、CD−ROMのデータをパソコンで再生する、いわば電子辞書のようなものだった。

1990年代後半、インターネットの普及によって、「データをダウンロードしてパソコン画面で読む」ことが一般的になったが、コンテンツに対する課金制度は定着しなかった。

2007年、amazonは通信機能つきのeBookリーダー「キンドル」を発売。
自社サイトから消費者に、「通信料込みで、紙の本よりも割安な電子書籍を有料でダウンロードさせる」ビジネスモデルを作り、アメリカで大成功した。

そして、2010年、アップルは「iPad」を発売。
これは電子書籍専用リーダー「キンドル」と大きさは同じだが、iBookStoreから電子書籍を買える汎用型の「簡易パソコン」。

……ということは、この2つは、今後、別の道を行く可能性が高いのか。

一方、日本では……。

まだビジネスとして成り立つほど、多種大量の電子書籍が出回っていない状況。

コンテンツの内容が、販売者の意思に左右され、「表現の自由が失われるのではないか」という懸念。
デジタルメディアに対する著作権処理の複雑さ。
出版社にとって、電子書籍は紙の本よりも収益性が低いことなど……。

問題は山積みだ。

しかし、電子書籍の台頭は、時代の流れであることも、また確実なのだ。

『iPad vs.キンドル』 西田 宗千佳 著 エンターブレイン
タグ:iPAD
posted by ゆか at 12:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 本読みコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相変わらずの素晴らしい文章での説明能力に舌を巻く限りです!
10を聞いても1も分かるか?の私が読んで分かるのはすごい事だな…とつくづく感じます^^ちなみにコメントありがとうございます♪誰も見ないと安心していましたが、びっくりしました。でも、嬉しいです♪
ちなみにコメントできないのは何故かわかりました。やはり、私の間違いでした。
Posted by k at 2010年06月27日 10:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154513571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック