新着記事

2010年08月21日

『ユニクロ思考術』

ユニクロは底がしれない……


 
毎週末に入る折り込みチラシをながめるたびに、そう思う。

品質がよく価格は安い。
しかも、どんどんデザインが洗練されていく。

山口県の小さな洋服屋だったユニクロが、アメリカ、イギリス、フランス、中国、シンガポールと、海外出店を成功させていくのは、見ていて爽快な気分だ。

この本は、ユニクロの取締役会長兼社長の柳井正が、「すべての社員はパートナー」の経営哲学を元に、「ユニクロで働いている人は何を考えて仕事をしているのか?」を紹介した本。

アートディレクターの佐藤可士和、クリエイティブ・ディレクターのタナカノリユキ、インテリアデザイナーの片山正道……

時代の先端をゆくクリエーターたちを、ユニクロの何がひきつけているのだろうか。

『合理性を美しさに変えるシステムがユニクロの原点』と語るのは佐藤可士和。
日本人が持つ、伝統的な美意識と合理性、それを引き継いだのがユニクロだという。

確かに、ユニクロのイメージは、昔の「安い服」から「クール・ジャパン」に変わりつつあると、私も感じている。

そして、柳井社長が発する「鮮烈な言葉の力」も、ユニクロの強さの秘密だと思う。

『仕事に意味はない。もっといえば、そもそも人生に意味はない、と考えることもできる。しかし、人生の意味は、一人ひとりが仕事を通して発見し、作っていくものだと思う』 

巻末の柳井社長の言葉は衝撃的で、一瞬「ああ、もっと仕事しなきゃ。家で介護や家事なんか、やってる場合じゃないや」と思ってしまった。
幸い、私の場合、執筆の仕事で、これから「人生の意味」を作っていけそうだが。

それにしても、常に革新を続け、拡大を続ける、ユニクロの恐ろしいほどのスピード。

私は、ただ呆然とたたずんで、その後姿を見送るだけだ。

『ユニクロ思考術』 柳井 正 監修 新潮社
タグ:ユニクロ
posted by ゆか at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160123727
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック