新着記事

2006年04月08日

『サクラを救え』

この数年、桜がこわい。学校、公園、神社仏閣など、いたるところに植えられて、日本人に最も愛される花。
だが、その桜は、年々枝につく花の数が減り、花の色は白くあせていく。

全国各地の桜の名所には、大勢の花見客が押し寄せ、「今年もきれいに咲いた」と喜びながら、花の下で宴会を繰り広げている。
しかし、人々の頭上にあるのは、細い枝にまばらについた白い桜の花。
春の白っぽい青空に溶け込む幽鬼のような弱々しい桜……恐ろしい。

日本の「桜」の代表、ソメイヨシノ……江戸中期に作られた園芸種。
種ではなく挿し木で増えるが、病虫害に弱く、60年ほどで枯れてしまうことは、明治時代から問題になっていた。
古い桜を切って新しい桜を植えても、忌地現象が起き、同じ場所に桜は育たない。

桜の木は、その土地の住人の誇りになっていることも多く、今ある桜をできるだけ延命させるのが一番いい方法だと、著者は考え、全国各地で桜を守ろうとしている人々を追った。

読んでいて、いかに桜の維持管理が大変か痛感させられる。

例えば、青森県弘前市の弘前公園。
樹齢120年のソメイヨシノが、今も絢爛に花を咲かせるが、ここには桜に詳しいベテランの担当者がいる。
桜の剪定、肥料、消毒などの経費が桜1本あたり1万円。
桜用の予算が年間3000万円。
他の地域で、これだけの手間と費用がかけられるだろうか。

Web山陰新報2005年3月29日の記事によると、40周年を迎えた「日本さくらの会」は、長年桜の管理や育成に携わった人を「桜守」と表彰する一方、樹木医に桜の保護を委託しはじめた。

しかし、さくらの会がおこなった桜の名所100箇所の調査では、樹齢40年〜80年の寿命間近の桜が全体の66%。
75%で枯れが目立つという。

桜の名所で知られる茨城県桜川市、東京都千代田区、兵庫県西宮市などは、自治体をあげて桜の再生に取り組んでいるが、再生に成功するか、桜の寿命が早いか、微妙なところだ。

『サクラを救え 「ソメイヨシノ寿命60年説」に挑む男たち』 平塚晶人 著 文藝春秋
posted by ゆか at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みコラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16300358
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング