新着記事

2010年12月21日

2011年の手帳

さて、今年もあと10日で終わりです。



皆さん、来年の手帳の準備はできてますか? 

私はシステム手帳と、台所に置く献立手帳、両方とも用意しました。

まず、システム手帳ですが、自分の予定を書くための月間カレンダーリフィル。
「その日あったこと」を書くための見開き2週間のスケジュールリフィル。
これはレイメイ藤井の「ダヴィンチ」のシリーズ。
やっぱり薄くてにじみにくい「トモエリバー」の紙から、なかなか浮気ができないものです。

そして、去年に引き続いて買ったのは、長期にわたる執筆の予定を管理するための蛇腹式のイヤープランニングリフィル。
これもレイメイ藤井。

今年の新たな試みとして、夫と義母のスケジュールを把握するための、バーティカル式の見開き1ヶ月の月間ダイアリー。
これはアシュフォード。

方眼メモリフィルは、デザインフィルの「ノックスブレイン・5mmセクション」と平行して、高級筆記用紙として知られるLIFEの「ノーブル・ミニリーフ」を使ってみることにしました。
超薄型で抜けるような白の「ノックスブレイン」と、クリーム色で厚手の「ノーブル・ミニリーフ」。
さて、どう使い分けようかな。

ところで、『NOTE & DIARY STYLE BOOK Vol.5(エイムック)』によると、今までコンパクトさを競っていた手帳の流行に、変化が出てきました。
「A5手帳の流行」です。

A4の半分の大きさで見やすく、たっぷり書き込める。

「見やすいんはええけども、A5手帳てかさばるやんか」と思われた方もおられるでしょうが。
「どうせぇ、パソコンとか書類とかお弁当とかぁ、大荷物なんだしぃ、ちょっと手帳が大きくたってぇ一緒でしょぅ。見やすい方がいいんじゃないのぉ」という考え方もあるわけです。

確かに、A5の手帳は広げるとA4。
字を大きく書けて見やすい。

最近、ミニ6つ穴手帳に細かい字で予定を書いていると、目が疲れるようになってきました。
まあ、年齢的には老眼がはじまる頃だから、仕方がないんですが。
パソコンや携帯で目を酷使する現代人も多いので、この「字が大きく書けて見やすい手帳」は、今後需要が増えるかもしれない。

さて、今回、台所用の献立綴じ手帳としてA4手帳、ミドリの「フラットファイルダイアリー」を選んでみました。
サイズはA4ですが超薄型の手帳。
表紙と裏表紙、年間カレンダー欄と1年分の月間カレンダー欄しかない。
紙は質の高いことで有名なMD(ミドリ・ダイアリー)用紙。

最初にページを開いた時、「うわっ。書きやすそう」と思いました。
よく考えると、A4の表紙を開ければサイズはA3、ちょっとした壁掛けカレンダーと同じサイズなんです。
A4サイズの手帳は台所の料理本と一緒に並べて置けるし、意外に便利なサイズですね。

これは使うのが楽しみです。

……しかし、来年の今頃は、どうしようか。
この手帳は、書類と一緒に持ち歩けるように、立派な黒のクロコダイル柄のカバーがついていますが。

毎年カバーごと買い換えるのも、どうかなあ。
この「フラットファイルダイアリー」は、今年の新商品なので、まだどうかわからないけれども、来年は中身のリフィルだけ発売してもらえないかな。

それにしても、A4サイズの手帳を一度見てしまうと、ミニ6つ穴のファイロファックスに、ちまちまと予定を書くのが、なんとなく面倒に思えて……

いかん。老化かもしれん。

でも、今のファイロファックスがダメになった時、「A4のシステム手帳」を必死になって探してしまうかもしれない。

A4手帳、なかなか魅力的なサイズですから。
ラベル:手帳
posted by ゆか at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング