新着記事

2011年01月04日

最強ボールペン対決

皆様、あけましておめでとうございます。
本年も『ventus〜風のごとく〜』を、よろしくお願いいたします。

 
さて、1万人以上の文具愛好家の皆さんが集まるmixi『文房具』コミュニティ。
その中の人気トピックの一つが、「最強のボールペンは?」。

ここで最近「ジェットストリームを超える最強ボールペン」と噂になっているのが、ぺんてるの「ビクーニャ」。

2006年に発売されて以来、超・低摩擦インクの油性ボールペン「ジェットストリーム」は、なめらかな書き味でロングセラーを続け、いまや定番ボールペン。

筆圧が高く不安定な私でも安心して字が書ける。
お気に入りのボールペンですが。

その三菱鉛筆「ジェットストリーム」に挑戦するかのごとく、「世界一なめらかな書き味」をうたって、昨年登場したのが、ぺんてるの「ビクーニャ」。

『ペんてる株式会社』サイトによると、開発コンセプトは「上質なボールペン」。
名前の「ビクーニャ」は、きめ細やかで「繊維の宝石」とも呼ばれる最高級の毛織物。

『未体験の世界一の滑らかさと最上質の美しさを実現したのがこのVICUNA(ビクーニャ)です』

……サイトには、開発者の熱き思いがみなぎっていますね。

この新開発のビクーニャ・インキの粘度は、従来の油性ボールペンインクの約1/40。
水性と油性インクの中間の性質を持つ特殊なもので、世界一の低粘度。
新着色剤の使用で色合いは濃く鮮やか。
ペン先のボールも改良して、紙との筆記抵抗値を15%低減。

『他社低粘度油性インキボールペンと比較しても、さらに低い。流れるような書き味を、ぜひ』

……この文章、「ジェットストリーム」に対する挑戦状とも受け取れますね。
うーむ。気になる。

というわけで、「ビクーニャ」を買って「最強ボールペン対決」。

面白いことに、二つのボールペンは同額の157円。
ペンの長さは「ジェットストリーム」が3ミリほど短い。

両方とも黒を選んでみたのですが、「ジェットストリーム」は黒一色の流線型。
白いラインがアクセント。
軸には滑り止めの黒いゴムつき。
デザインを一言で表現すると「実直」。

「ビクーニャ」も流線型ですが濃いグレーの半透明の軸。
ペン先とペン軸に薄いグレーのライン。
滑り止めの細かい波模様は入っていますが、ゴムはついていません。
デザインは「瀟洒」。

書き味。

「ジェットストリーム」は、ヌラーっとした感じ。
「ビクーニャ」は、わずかに軽くツルッとした感じ。

……書き心地は、もう、これは個人の好みになってしまいますが。
私は筆圧が途中で変わっても安定して書ける「ジェットストリーム」が好みかな。

『三菱鉛筆株式会社』サイトによると「JETSTREAM」とはジェット気流。
「今までにない程に途切れることなくなめらかに筆記ができる」ことから、名づけられたらしい。

顔料を含んだ発色が鮮やかなインクは、低粘度で速乾性が高いもの。
しかもインクの流出量が多い。

……同じ0.7ミリのボールペンなのに、「ジェットストリーム」の線が太く見えるのは、このインクの流出量の差のようです。

ちなみに、「ジェットストリーム」の黒インクは赤みがかっているのに対して、「ビクーニャ」は微妙に青みがかっている感じ。
インクの性質の違いかもしれません。

両方のサイトの商品プレスリリースを比較してみると、どうやら「ビクーニャ」はビジネスマンや若者向け、「ジェットストリーム」はビジネスマンだけでなく、低筆圧の高齢者までをユーザーに想定しているようです。

「実直で万人向けのジェットストリーム」、「瀟洒で軽快なビクーニャ」

……なかなかの好勝負だと思いますね。
タグ:ボールペン
posted by ゆか at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/178371918
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング