新着記事

2006年05月20日

『誰も書かなかった厚生省』

この4月の介護保険認定の見直しで、義母は要介護度のランクを下げられ、病院送迎バス代が値上がりした。義母は人工透析を受けているが日常生活は普通にできる。

今回の改正は、症状が安定した人は一律にランクを下げるもの。
病気の高齢者が増え、自己負担が増えるのは仕方ないが、介護保険申請手続きの煩雑さ、自治体ごとに異なる運用ルール、怪しげな介護業者、極端な認定基準の改定……厚生労働省は何をやっているのだろう。

厚生省が厚生労働省になるまでの70年の歴史を検証したのが、この本。
著者は医事評論家。
医療保険審議会、老人保健福祉審議会、医道審議会などの委員を歴任し、25年以上厚生省と関わってきた。

現在の医療保険制度の原型をつくったのはGHQのサムス准将。
終戦直後に公衆衛生のために保健所設立。
厚生省の組織改革。
DDTを多用した伝染病の予防。
看護師、保健師、助産師の職業の確立と法制化。
……しかし、医薬分業構想は失敗し、実現が後になる。

国民皆年金と国民皆保険が実現したのは1961年。
意外に最近のことだ。

膨張する医療費、頻発する医療過誤と薬害、国民皆年金制度の破綻の危機……その裏には、厚生省に対し不信感を抱く医師会、発言権の強い天下り先の製薬会社、得票のために圧力をかける族議員……様々な関係者の駆け引きがあった。
圧力で身動きが取れず、その時その時で、できることをしてきた厚生省……欠けていたのは医療福祉政策の全体構想だ。

厚生労働省は今後の施策として「2007年度をめどに社会保障全体構想を確立、消費税中心に税制改革を行い財源とする」「少子化対策、人口減に対する雇用対策に本腰を入れる」「突発的な伝染病対策に健康危機管理システムの確立」を上げているが……

優秀な人材を抱えながら、士気の低下でそれを生かせぬ厚生労働省。それをもどかしく感じている著者のいらだちが、強く伝わってきた。


『誰も書かなかった厚生省』 水野肇 著 草思社

posted by ゆか at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18114532
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック