新着記事

2011年01月29日

秘密兵器登場?

新しいマンションに引っ越して痛感すること。

 


「どこから湧くのか?」と思うほど、埃が多い。

『アレルギーと生きる』という本を出すほど、私はアレルギーがひどいんです。
特に、ハウスダスト、ダニ、カビ。
花粉や動物の毛もダメ。

とにかく「清潔第一」。
絨毯やコタツの持ち込みはご法度。
布団やカーテンだって、あまりよくないんですが。
そこまで徹底すると非人間的な生活になるので置いています。

新居の床はフローリング。
このフローリングがまた、埃が目立つんですね。

最初のうち、なんとか頑張って掃除しようとしたけど。
仕事が忙しくて手が回らない。

これまでダイソンの掃除機を使っていましたが、老化のせいか、最近それが重たく感じられてきた。

私でさえ、そう思うわけだから、足腰が弱った義母にとって掃除機をかけることは、体力的負担らしく、自分の部屋の掃除に消極的。
しかし、埃がたまることは、ハウスダスト喘息の私の命に関わる問題。

さて、どうするか……

ここで目に止まったのは、カタログに載っていた掃除ロボット『ルンバ』。

人工知能で数十種のセンサーを駆使して、ゴミ除去率99.1%。
立ち入り禁止のところは「バーチャルウォール」で設定。
掃除が終わると自分でホームベースに戻り、充電&待機。

ルンバに掃除をまかせてくつろいだり、外出できる。
……うーむ。魅力的だ。

「なにっ、ルンバを買う?」

私の話を聞くなり、夫は顔色を変えました。

「あほ! お前、主婦のくせに何怠慢言うとるねん。大体、ロボットに掃除させて、自分ソファで寝転がるいうんは、人としてどうやねん」

夫も同じカタログを見たようです。

……掃除機1台買うのに「人としてどうやねん」とは大層な。
難儀やなあ。

ところが1週間後。
突然、夫は「ルンバ買え」と言い出しました。
台所とリビングを完璧に掃除したら2時間かかり、「こらあかん」と思ったそうです。

では、「ルンバ」を。

……と思ってカタログ通販の『ディノス』のサイトをのぞくと、なんだか異様に安い掃除ロボットがありました。

「ロボットクリーナー」。
1万円也。
「ルンバ」が安くても5万円近くなのに?

スイッチは「ON]「OFF」のみ。
「ゴミ取り機能」「障害物・段差の自動回避」……基本機能は十分。

口コミ評価では、「値段の割によく働く」「ルンバより小さいのでルンバが入れない隙間の掃除もできる」と、評判はまあまあ。

「ルンバを買って、もし使いこなせなかったら」という不安が頭をよぎり、結局、お試しということで「ロボットクリーナー」を買ってしまいました。

でも予想外に優秀。

先日、私の父と母が遊びに来た時も、このお掃除ロボットに興味津々で。

和室で実際に動かしてみせました。

白い円盤型のロボットは、和室のまんなかで、くるくるとらせん状に回ったかと思うと、突然向きを変え、猛スピードで壁に向かって突進。
壁にぶつかると向きを変えて、さらに壁づたいに走っていく。
壁を全部掃除するかと思えば、また突然くるくると回りだす。
回るのに飽きたら再び走り出す。

妙に愛嬌のある動きです。

「ルンバと違ってゴミセンサーないからね。1時間ほど置いといたら、大体きれいになるやろいう、大雑把な掃除機やわ」と私。
「意外にゴミ吸いよるな」と夫。
「すごい掃除機やな」と感心する父。
「これ、顔とか尻尾とかついてたら、かわいいかもしれんね」と母。

確かに「ルンバ」が「床を走るUFO」なら、「ロボットクリーナー」は「床を滑る白いカブトガニ」。
かわいいです。
メーカー名「ツカモトエイム」から「エイム君」と命名しました。

例えば、私が台所で料理をしている間に、「エイム君」にリビングを掃除してもらって、掃除が終わったところで、私がモップで拭き掃除。
完璧でなくても、そこそこにきれいになるので助かります。

さらに家をきれいにするために「ルンバ」も手に入れたいですね。
posted by ゆか at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182984235
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック