新着記事

2006年06月03日

『マークを読む JISからエコマークまで』

最近、電化製品や台所用品を買おうとして、箱の裏を見ると「なんじゃこりゃ」と呟くほど、たくさんのマークがついていてうんざりする。 
どれも意味不明なものばかりだ。

この本は、そんな「生活マーク」の情報を集めたマーク雑学事典。

マークの起源は14世紀のイギリスで銀の含有量を定めた刻印の「ホールマーク」。
品質表示が目的だった。

現在はマークの種類が増えたが、大別して「法律で定められた表示義務のあるもの(リサイクル・マークや感電注意マークなど)」
「法律や制度に基づく任意の品質保証印(食品のJASマークや鉱工業製品のJISマークなど)」
「業界団体の自主規格に基づくマーク(ウール・マーク、USAコットン・マークなど)」
「製品ロゴ、シンボル、ブランド、キャンペーンロゴ」に分かれるが、時代の流れでどんどん種類が増えていく。

例えば、JAS(日本農林規格)マークは、2006年3月から「JASマーク」「有機JASマーク」「特定JAS(作り方JAS)マーク」の3種になった。
一方、JIS(日本工業規格)マーク、2005年10月に「基本のマーク」「加工技術用マーク」「特定側面用マーク」に分かれたのだが……

どれも、「JAS」または「JIS」のロゴなので、どれがどれやら区別がつかない。
ベル・マークやトクホ(特定保健用食品)マークのように、もっと一般の消費者に認知されるように努力するべきだと思う。

この本には、日本のあらゆる生活マークのロゴと解説と関係団体の連絡先が載っているが、読んでいるうちに、あまりの種類の多さ、似通ったデザインに、何が何やらわからなくなり、「こんなん全部覚えられるかぁ!」と叫んで、あやうく本を放り投げるところだった。

ただ一つ、はっきりしているのは、もし『生活マーク・テスト』があれば、私は確実に赤点を取って、追試を受けるはめになってしまうことだ。


『マークを読む JISからエコマークまで』 中井有造 著 NHK生活人新書


posted by ゆか at 11:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 本読みコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18776144
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

おしゃれなキッチン用品といえば
Excerpt: 台所、キッチンで使用するアイテム、グッズを紹介しています。お気に入りのキッチン用品を手に入れて日々の生活に潤いを。
Weblog: キッチン用品カタログ☆家具、ワゴン マット キッチン グッズ キャビネット他
Tracked: 2006-06-08 01:05