新着記事

2011年05月03日

謎のトレンド文具?

文具愛好家が待ちに待ったシーズン到来。

 

毎年エイ出版社から『STATIONERY MAGAZINE』が発売される季節になりました。

私も、この本をamazonで購入。

ショッピングカートに『STATIONERY MAGAZINE』を入れた時、「これもおすすめです」と、画面に現れたのは『デキる課長のスキルアップ文房具(ミリオン出版)』。

副題は『新生活をサポートする必携文具300種類!』とあるから、最新文具のカタログ雑誌らしいけど。

「別に課長でもないし関係ないわな」と、そのまま精算画面に進もうとした時、その本の一つの特集が私の目を奪いました。

『最強女子文具』

…なんだそりゃ?

初めて聞く言葉。
「最強女子文具」がどんなものか想像がつかない。

こうなると持病の「気になる病」がムクムクと動き出し、『STATIONERY MAGAZINE 007』と一緒に、その本を買ってしまいました。

『デキる課長のスキルアップ文房具』は、予想通り、30代の若者向けの新商品の文具カタログみたいな本ですが、 肝心なのは『最強女子文具』。

「女子文具」とは、「働く女性を輝かせるおしゃれな文具」のことらしい。

東京都内の6つの人気文具店の女性スタッフが『女子力に磨きをかける愛され女子文具』として、3つずつ、おすすめ文具を紹介する特集でした。

女性が好みそうな色鮮やかなファイルや名刺入れ。
押すのが楽しそうな手帳用スタンプ。
かわいらしい柄のマスキングテープ。
レトロなムードのワックスペーパー。

……ふーん。こういうのが「最強女子文具」なのか。

しかも、今年、働く女性向けの文具はトレンドになると予測されているらしい。

それにしても……

四半世紀前、社会人になるまで私も「女子」と呼ばれていたけれども。
今は30過ぎても「女子」で、おまけに未婚既婚も関係ないらしい。

今時の「女子」って何者なんだろう? 

「女子力」はもっとわからん。

この本に「この女子文具で女子力発揮せにゃいかんぜよ」と言われても……どないせいっちゅうねん?

ということで、「女子力」について調べてみました。

『はてなキーワード』によると、「女子力」とは、『女性の、メイク、ファッション、センスに対するモチベーション、レベルなどを指す言葉。主にJJ、cancamなどを購読する層がよく使う』

……ふーん。
「外見の女らしさを追求する熱意」みたいなものかな?

と思っていたら、『日経ウーマンオンライン』の『働く女性に必要な「女子力」とは』には、さらにすごいことが書かれていました。

これからの働く女性には5つの「女子力」が必要で……。

仕事で落ち込んだ気持ちをひきずらない「切り替え力」。
女性特有の「察しのよさ」で職場の緊張を和ませる「気配り力」。
会議では率直で豊かな表現で画期的なモノやサービスを生み出す「盛り上げ力」。
自分の失敗や弱みや考えを率直に周囲に語り信頼関係を作る「かわいげ力」。
「気配り力」と「かわいげ力」を駆使して周囲を巻き込む「巻き込み力」。

……うわぁ。全部私に足りない「力」じゃないのか。
えらいことになってるなあ。

『日経ウーマンオンライン』は『男女雇用機会均等法の施行から20年以上が経ち、企業で女性が働くことは一般化したけれど、一線で働こうとすると、結局、男性並みのハードさが求められ、その結果、女性性を押し殺してしまう』と嘆き、「これからの働く女性は女子力を発揮しなければ」と恐ろしいことを言います。

……仕事ができるのは当然。
しかも細かい配慮やかわいらしさまで必要なんて。

今時の企業で働く「女子」ってしんどいわ。

この本が言うように「女子文具」が、今後のトレンドになるのかはわかりませんが。
働く「女子」も、もうちょっと肩の力を抜いて仕事できればいいのになあ。
タグ:ファイル
posted by ゆか at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199009352
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック