新着記事

2006年07月29日

『江戸三〇〇藩 バカ殿と名君』

「バカ殿」といえば、志村けんだろう。志村けん扮する「バカ殿」……
白塗りの顔に黒い太眉毛、おちょぼ口に口紅を塗ったお調子者の殿様が、真面目な家老をからかったり、若い腰元を集めて乱痴気騒ぎをしたりして、なんだかとても楽しそうだ。

「名君」、『水戸黄門』も悪くないが、あの方は旅ばかりしているので、やっぱり『暴れん坊将軍』こと徳川吉宗かな……
これほどまでに「殿様」イメージはテレビの影響が強い。

さて、実在の『バカ殿と名君』は……全国各地の江戸時代300藩の殿様を実際に検証したのが、この本。
元禄時代の郡名を入れた県別の江戸時代の地図、大名の系譜もついている。

現在の47都道府県のうち、33の県庁所在地が安土桃山・江戸初期の城下町だったことに着目し、「なぜ、その場所に城を築いたか」の謎解きもされていて面白い。

そこで『暴れん坊将軍』だが……『徳川十五代を格付けする』によると、徳川吉宗は幕府財政を立て直すために、倹約や新田開発、米の価格統制、増税をしたが、結果的には年貢米の価格下落で財政を疲弊させた。
新技術導入や人材登用も偏りがあり……ダメやんか。

この頃現われた「名君」、上杉鷹山(米沢藩)や細川重賢(肥後藩)が行なったのは倹約と米に頼らぬ殖産興業、教育振興、人材登用……
吉宗の政策とは、わずかな違いなのに。

しかし「では徳川吉宗はバカ殿か」というと、そうでもないところが面白い。
幕府が財政逼迫をそれほど問題視していなかった時期に、財政を再建しようとした先見の明(急進性ともいう)と、方法は少しずれていたが政策の実行力、政治的手腕は「名君」らしい。

著者は現在の「殿様」、都道府県知事や市町村長の評価基準として「その地域の現状のから解決すべき優先課題を正確に把握」「問題解決の正しい施策を立案」「施策実行の政治力」をあげる。
上杉鷹山や池田光政のような人徳もある「完璧な名君」への道は遠い。


『江戸三〇〇藩 バカ殿と名君』 八幡和郎 著 光文社新書
posted by ゆか at 13:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 本読みコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やった!遅いんですけど、おはよ!わ〜 本当に日本語〜

はい! 頑張ります〜
Posted by Tim! at 2006年07月31日 14:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21595505
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック