新着記事

2011年08月13日

伝える力(前編) 言の葉

今年も浪速高津宮夏季大祭の合気道奉納演武に出ることになった私。


その日は最高気温35度。
大阪独特のねっとりとした蒸し暑さ。

「夕方になっても、ちっとも涼しくならないですね」
「難儀やなあ」

そう言い合いながら、私たちは高津神社の石段を昇っていきます。

今年の参加者は4人。
全員有段者で私以外は全部男性。

更衣室で着替えて演武者控え室に行くと、すでに居合道と空手の皆さんが、それぞれ演武の打ち合わせを熱心にされています。

私たちも用意されたテーブルを囲み、打ち合わせ。

先生は言いました。

「1団体あたり持ち時間が20分なので、演武の技は大体決めておきました。まず4人が一列で出て、神前に礼、観客席に礼。後ろ受身、体の転換、体の転換から呼吸投げ、片手取り四方投げ、正面打ち一教、二教、三教、正面打ち入身投げ、短刀取り自由技。最後は代表演武ということで、僕が自由技で演武します。最後は神前に礼、観客席に礼。僕が名前を呼んだら前に出て「止め!」と言うまで、2交代で指定した技を続けてください」

奉納演武の舞台は屋根があって、杖(合気道で使う棒状の武器)はひっかかるので使えないし、木刀を振り回しての演武も危ない。
舞台の面積が畳六畳ですから、大勢が同時に演武することもできない。
やれることが限られています。
でも、その中でもできる限りのことはやりたいですね。

打ち合わせが終ると、私と先生は、すこし早めに奉納舞台に向かいました。
合気道の演武では舞台に畳を敷く準備が必要なのです。

今年の夏季大祭は、京都の祇園祭と重なったせいか、去年より神社の参拝客が少ないみたい。

奉納舞台の上には6台の和琴が並べられ、女子高生たちが雅やかな琴の音を響かせています。
おかしいなあ。
プログラムでは、琴曲部の演奏は、もっと遅い時間だったはずだけど。

ワンピース姿の司会者の女性が、先生のそばに来ました。

「プログラムでは、合気道演武は次の次になってますけど。観覧されてる皆さんに、合気道のことを、どのようにご紹介したらいいでしょうか?」

先生は、ちょっと得意そうに答えました。

「……最大の特色は「がんばらない」ことですね」
「かんばらない?」

司会者は鸚鵡返しに答え、表情がこわばりました。

困惑の表情で立ち尽くす司会者。
あわてて私は横から言いました。

「がんばらないというのは、余計な力を使わないという意味です。例えば、大きな男の人と小柄な女の人が腕相撲をすれば、単なる力比べになって、必ず力の強い男の人が勝ちます。でも、合気道は相手の力を利用して、それほど自分の力を使わずに、相手を投げ飛ばしたりすることができる武道です。力の弱い女性や老人でもできる、護身術としても役に立つものです」

「なるほど。「がんばらない」って、そういう意味ですか。わかりました。そのようにご紹介させていただきますので。では、演武の方、よろしくお願いします」

笑顔が戻った司会者は、奉納舞台の方へ去っていきましたが、先生は不機嫌そうな顔。

「あの説明はよくないですよ。護身は合気道の一面に過ぎない。誤解を受けます」
「でも、司会者の方も合気道を全然知らないのに、合気道を知らない観客に、それを説明しなきゃいけないんですから。困ってたみたいですよ」

確かに、合気道の技は肩に力を入れるとかからない技が多く、「がんばらないこと」は大事なんです。

「合気道では「がんばらない」ことが大事ですよね」
「そうそう脱力が絶対に必要ですよね」

……という会話は、合気道家同士なら成り立つんですが。

残念ながら、まだ合気道は、柔道や剣道、空手ほどには知られていなくて。
時々「合気道って瓦割るんですよね?」と訊かれる状態で。
(合気道では瓦は割りません)

この武道系コラムを書きはじめる時、「ネット上で文章を書けば、合気道を全然知らない人も読むかもしれないから、できるだけわかりやすく書こう」と考えました。

その当時はまだ茶帯でしたし、今も黒帯とはいえ初段ですが。
数十年合気道を極めた高段者の方からは、「合気道をはじめて間がない者が知ったふうなことを書くな」とお叱りを受けるかもしれません。

でも、私はあくまで「自分が見た合気道の姿」を書くことにしました。
たとえ、それが「合気道の一面」にすぎなくても、私の文章を読んで、誰かが合気道に興味を持ってくれたら。
そして、それをきっかけに、いろんな面を持つ合気道の魅力を知ってもらえたら……

いつも、そう願って武道系コラムを書いています。

おかげさまで、合気道のことを中心にしている武道系コラムなのに、空手、柔道、剣道、弓道、居合道、少林寺拳法、大東流合気武術、中国武術など、さまざまな他武道の方や、合気道を全然知らない方からも応援のコメントやメールをいただいたりして、本当にありがたいことです。

合気道を知らない人に、いかに合気道の魅力を正確に伝えるか……

とても難しい問題なんですね。
先生が司会者に言った「がんばらない」も、私が言った「護身」も、どちらも合気道の一面としては「正解」なのですから。

何か、合気道を知らない人に、その特徴を一言で、わかりやすく伝えられる表現があればいいんですが……。

琴曲部の演奏が終った後は、高校生のダンスが始まりましたが……
なんだかわからないうちに、あっという間に終ってしまいました。

まずいな。
一団体あたり、持ち時間20分のはずですが、ダンス部のダンスは10分足らずだったような気がする。

予定より30分近く、私たちは演武することになってしまいました。
畳を準備するつもりで早めに舞台の前に来ていて正解。

今年は、去年演武を助けてくださった極真会館の方が、空手の奉納演武を撮影するついでに、私たちの演武も撮影してくださるとのこと。

……本当にありがたいことです。

「では、これより武道の奉納演武がはじまります。まずは合気道です」

司会者のアナウンスで、私は緊張しながら奉納舞台に上がりました。

……次回へ続く……
ラベル:空手 合気道
posted by ゆか at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 武道系コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング