新着記事

2011年09月06日

手帳のリストラ

9月に入って来年の手帳が出回りはじめました。


いよいよ新年度、10月から新しくする手帳を選ばなきゃいけない。

今使っているのは「ファイロファックス」のミニ6つ穴手帳ですが。
最近、予定が増えて書ききれなくなってきたし、A4ファイルやレポート用紙を常に持ち歩くようになったので、10月の新年度を機に、手帳を大きく軽いものに買い換えることにしました。

「これを機会に携帯にせえへんのか」と夫に言われたけど。
予定確認は手帳の方が早いので。

例えば「では日程調整を」と、相手が携帯電話の予定を確認した時には、私は手帳に予定を書いてしまってます。
携帯電話は予定の画面を呼び出す時間、入力時間が必要だけど。
私は手帳の「当月」や「次月」のタブを開けば、即座に予定を書き込むことができるので。

パソコン連動でスケジュール管理している人には、携帯電話の方が便利でしょうけど。
今のところ私は手帳でいいや。

ということで、「今より薄い手帳」に挑戦。

「能率手帳」の『株式会社日本能率協会マネジメントセンター』サイトによると、リフィルの種類は4種類。

210×148mmのA5サイズリフィル。
171×95mmのバイブルサイズリフィル。
現在のミニ6つ穴サイズのリフィルは126×80mm。
105×61mmのミニ5つ穴サイズリフィル。

リングの直径も4種類。

リフィルの収納枚数240枚の25mmリング。
収納枚数185枚の19mmリング。
収納枚数130枚の15mmリング。
収納枚数80枚の10mmリング。

……今より面積を広くしたいので、A5かバイブルサイズのリフィル。

リング径は今の手帳が15mmリング、使ってるリフィルも130枚だから、これより薄いとなると、80枚収納の10mm径リングかな。

「レイメイ藤井」は、さらに薄い8mm径リングのシステム手帳を発売してるけど。
収納枚数55枚は難しい。

でも、今よりは手帳を薄くできるはず。

130枚のリフィルの構成は、付箋を入れるクリアポケット1枚、下敷き2枚、インデックスタブがついた下敷きが9枚。
月間カレンダー16枚。
見開き2週間スケジュール28枚。
その他74枚。

「その他」はTODOや、メモ、資料など。

インデックスは「予算」「執筆」「住居」「予定」「家事」「当月」「次月」「日誌」「備忘録」
……やっぱり多すぎるな。

とりあえず、「予算」「家事」の資料リフィルはA4の一覧表にする。
請求や支払いの「予算」は月1度、日を決めて見直す。
大掃除や衣替えなどの季節の「家事」は、年に一度、年度末の9月に、全部カレンダーリフィルに書き込み、スケジュールの中に完全に組み込む。

10月から管理組合の理事になるので、「住居」資料リフィルは、管理組合が配布する「住居」関連書類と一緒に、専用ドキュメントホルダーで管理。
メモを整理するために、持ち歩く手帳と同じサイズのリフィル保管専用バインダーを用意すれば、普段持ち歩くリフィルの枚数は激減する。

最低必要なのは……

クリアポケットリフィルと、下敷きリフィルが2枚。
カレンダーリフィル。
その日のTODOを付箋に書いて貼る下敷きリフィル「予定」。
即座に予定を確認できる「当月」「次月」のインデックスリフィル。
その日の出来事を記録する「日誌」とスケジュールリフィル。

この時点でリフィルは53枚。

残り27枚のリフィルを、執筆のメモ「執筆」と雑記帳の「備忘録」に割り振れば、計算上なんとか80枚、10mm径リングのシステム手帳に納めることができます。

手帳のサイズはバイブルサイズに決定。
今のところ10mm径のA5システム手帳が、ほとんどないからです。

これからは状況の変化に応じて、こまめに自分のスケジュール管理の方法を見直したいですね。
タグ:手帳
posted by ゆか at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/224570595
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック