新着記事

2011年11月01日

白熱する手帳術

いよいよ今年も残りわずか。


システム手帳のバインダーは手に入れたものの、まだ中身のリフィルのすべてが決まっているわけではありません。

さて、どうしようか。

今のミニ6つ穴サイズの手帳から、バイブルサイズの手帳に切り替えるので、手帳の面積が1.6倍に増えるけれども。

今よりも、もっとうまく手帳を使いこなしたい。

『日経ビジネスアソシエ』の2011年11月1日・11月15日合併号を買ってみました。

『決定版・手帳術2012』特集。

雑誌のほとんどのページが手帳術で埋めつくされている内容の濃いもの。

今年の傾向は「デジタル機器と連動した手帳」。
スマートフォンでスケジュール管理し、思いついたことは手帳にメモする。
そのためにメモを書き込めるスペースを増やした手帳が多い。

……ふうん。
それやったらメモでもええやんか。
手帳やないとあかん理由ないで。

実は、私も先日iPhoneを手に入れました。

「せっかくiPhoneにしたんやから、スケジュール管理したらええねん。俺使ってるけど、結構便利やで」と夫は言います。

確かにiPhone4Sには、「カレンダー」「メモ」「リマインダー」などのアプリが内蔵されていて、「さあ、これであなたのスケジュール管理もばっちり。手帳なんかいらないよね」といわんばかりの状態。

しかしなあ……。
指先が太いせいか、よくキーを押し間違えるんだ。

タッチペンを買って、なんとかキーを打てるようにしたけれど。
メールの返信がやっと。
とてもじゃないけど、iPhoneでスケジュール管理できる自信がないですね。

さて、手帳特集に話は戻って……。

まずは読者の「手帳の達人技」特集。
23人のビジネスパーソンが自分の手帳術を披露。
色とりどりのペンで予定を書き込み、付箋をビラビラ貼って、シールやイラスト満載……

すごいなあ。
ほとんどの人が綴じ手帳で、1週間の時間を細かく管理できるバーチカルタイプの手帳を使ってる。
みんな小さな字で、びっしりと手帳に予定を書き込んで、「予定通りに」仕事をこなしてるのか。
いいなあ。

私は今、自分の生活時間の管理に困っています。

事務の仕事は「予定通りに」進むけど、執筆の仕事は唐突な予定変更が多いし、合間に家事もしなきゃならないし。
出たい会合やセミナーもある。
在宅介護もスケジュールに入れておかなければ。

在宅介護の恐ろしい点は、いつ終わるかわからないところ。
介護疲れで共倒れにならないために、「夫婦の時間」も意識的に確保しないといけないし。

どうしよう。

「仕事」時間術の本や、「仕事と子育て」時間術の本は豊富に出回ってるけれども。
参考にできる「仕事と在宅介護」時間術の本は、まだありません。

これまで働く女性にとって「在宅介護」は「失業」とイコールでしたから。

今後「仕事と在宅介護」ワークライフバランス問題は表面化するでしょうが。
仕事一直線で突っ走れるビジネスパーソンの「迷いのなさ」がうらやましい。

……なんだか「一人道なき道を進む」みたいな話ですが。
ぼちぼちマイペースでやりましょう。

この雑誌の手帳のカスタマイズ特集では、iPhoneポケットつき革カバーを自作する女性や、リフィルの両端に穴を開けて、左右どちらのページにもリフィルを自由自在に綴じられる工夫をするB5バインダー手帳派の男性が登場。

……一般人の手帳術もすごいな。

手帳と連動するデジタルグッズの紹介や、手帳用のペンやアクセサリー特集。
『ventus』でもおなじみ、「手帳王子」こと舘神龍彦さんの『MY手帳の探し方』講座や、アソシエ特製「0.9mmシャープペンシル」や「ラベルシール4色セット」などの付録もついていて、とても参考になる本でした。

よし、私も今年の手帳で何か新しい工夫しよう。
タグ:手帳
posted by ゆか at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/233095945
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック