新着記事

2011年11月05日

謎の手帳用シャープペンシル

ふーむ。また謎の手帳グッズがついていたか……



 『日経ビジネスアソシエ 2011年11月1日/11月15日号』には、2種類の手帳グッズが付録についています。

『アソシエ特製ポスト・イット ラベルシール 手書き用オリジナルセット』と『アソシエ特製シャープペンシル』。

去年の付録は、積水化学工業「フィルム付箋」でしたけど。
付録がグレードアップしましたね。

「ポスト・イット」はエーワン、「シャープペンシル」はコクヨとのコラボレーションで……

ちょっと待て。
「ポスト・イット」は住友3Mが専門に扱ってるんじゃなかったか? 
エーワンはパソコンのラベルを作るメーカーだったような記憶が……。

『エーワン株式会社』によると、エーワンは3Mジャパングループの企業で、「ポスト・イット」の商標が使えるらしい。
それは知らなかったな。

アソシエの付録「ポスト・イット ラベルシール 手書き用」は、2010年12月8日発売。
262円。
エーワンのラベル技術を生かして作られた「ポスト・イット 強粘着ふせん」と同じ素材の商品。

しかし、付箋の色がなあ……。毒々しい山吹色、チカチカするピンク、目にしみるブルー、胸騒ぎを誘う黄緑……ビビットイエロー、ローズ、エレクトリックブルー、ライムだそうですが。
こういう蛍光色の付箋は、半病人の私には刺激が強すぎますね。

さて、もう一つの付録「アソシエ特製シャープペンシル」。

芯径は0.9mm? 
普通シャープペンシルの芯って0.5mmじゃない?

ところが『株式会社トンボ鉛筆』によると、シャープペンシルの芯径は、0.2、0.3、0.4、0.5、0.9mmが一般的。
ということは、一応一般的な芯の太さなんだ。

「アソシエ」編集部は『新提案! 0.9mmシャープペンで手帳の書き込みを自在に。細く、太く、濃く、薄く…多彩な表現ができます』と豪語しています。

「アソシエ」のロゴ入りで、限定色のダークブラウン軸、キャップとペン先がオレンジ……
軸のダークブラウンはともかく、キャップとペン先は苦手なオレンジか。

ところが使ってみると……。

六角形の軸が持ちやすく、太い芯のせいか、書き味は滑らかで鉛筆に近い感じ。
筆圧が高くて、シャープペンシルの芯をバキバキ折る私でも抵抗なく使えます。

キャップは取ることができず、先端に空いた穴に芯を一本ずつ入れる仕組み。
芯は高性能なようだけど、芯の送り出し機能は普通。
軸の素材のプラスチックが安っぽい。

なんだかアンバランスだな。
このシャープペンシルって、一体いくらするんだろう? 

ほとんどの文具メーカーは、企業のロゴを入れたノベルティ商品を作ってます。
たぶん、コクヨは色違いの自社商品を作っているはず。

『コクヨS&T株式会社』によると、このシャープペンシルの正体は「キャンパスジュニアペンシル」。
鉛筆感覚で使える小学生向けシャープペンシルで、2011年1月11日発売。
色はブルーとピンクの2色で157円。

替え芯が210円?
芯の方が高いやんか。

小学校低学年は鉛筆に近い直径1.3mmのシャープペンシルを使い、小学校高学年で0.9mm、中学生で0.5mmと、徐々に細い芯のシャープペンシルに慣れるように考えられたらしい。

黒鉛とポリマー混合の鉛筆に近い質感の芯。
キャップがはずれないのは誤飲防止のため。

なるほど。
確かに小学生向けだ。
でも、筆圧が高い鉛筆派の私も、これなら使えそう。

芯が折れるのが不快でシャープペンシルが嫌いでしたが。
ちょっとシャープペンシルを見直さないといけないですね。
posted by ゆか at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング