新着記事

2011年12月10日

『手帳カスタマイズ術』

年末に新しい手帳を買う人も多いが、手帳を買ったままの状態で使う人は意外に少ないと思う。


お気に入りのシールを貼ったりカバーをつけたり。

「マイ手帳」を作ること。
それが手帳ユーザーの楽しみでもある。

この本は、『ventus』でもおなじみ、「手帳王子」こと手帳評論家の舘神龍彦さんの最新刊。

ほぼ日手帳やモレスキン、能率手帳や超整理手帳など、綴じ手帳でできるカスタマイズのアイデアが58も書かれているだけでなく、舘神龍彦さんの主催する「手帳オフ会」に集まったシステム手帳のヘビーユーザー・キタハラヒロユキさんや、紙を自分で選んでオリジナル手帳を作る永井さんなど、手帳愛好家たちのこだわりの手帳も紹介されている。
やはり、他人の手帳の使い方は参考になることが多い。

舘神龍彦さんは「手帳の5大機能」として「スケジュール」「TODO」「メモ」「アドレス帳」「便覧」をあげている。

スケジュールはGoogleカレンダー、TODOはTODOアプリ、メモはEvernoteなどのデジタルノート、アドレス帳はFACEBOOKなどのSNS、便覧はdropboxなどのオンラインストレージなどで代行可能だそうだが。……

ここで、「なぜ今も手帳なのか?」いう疑問につきあたる。

私は今のところ「アドレス帳」と「便覧」はiPhoneで、「スケジュール」「TODO」「メモ」が手帳。

やたらに変更が多い「スケジュール」、やりのこしの多い「TODO」、パソコンや携帯に入力しようとすると妙に「よいことを書かなきゃと構えて」しまう「メモ」

……あかんやんか私。

マイ手帳を作る前に『手帳によって何を実現したいのか、それを明確にしてみてください。』と舘神さんは言う。

私は手帳を使って、日常のやるべきことをスムーズにこなしたい。

……ということは、私のマイ手帳のコンセプトは、かなりはっきりしていることになる。

こうなると、私の課題は、手帳の改造より実行力増強の方かもしれない。


『手帳カスタマイズ術』 舘神龍彦 著 ダイヤモンド社
タグ:手帳
posted by ゆか at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みコラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/239698723
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング