新着記事

2012年04月28日

『ストレスゼロを実現する! 最強の文具活用術』

20年ほど前、大手銀行の事務センターで「ファイリング事務」をしていた。


「ファイリング事務」は書類の整理やチェック、データ処理をする専門職。
銀行のそれは、小切手の印字を2度間違えると始末書を書かされる厳しい世界だ。

あらかじめ「チェックしやすい」様式でサイズを統一された書類が作られていて、数千通単位の大量の文書を発送する作業では、ミスを防ぐために、封筒と文書を数えてとり揃える担当者と、文書を封筒に入れて封をする担当者が別にいたりした。

合理的で正確で迅速な事務処理作業。
「銀行並みの書類管理技術・図書館並みの情報整理技術」が理想なのだが。

自宅を仕事場にしていると、大きさも厚みも違う雑多な書類があふれかえる。
掃除機の取扱説明書、出金伝票、介護保険証……どんな書類でも1分程度で探し出したい。
しかし、夫に「去年の住民税決定通知の書類はどこや?」と訊かれて、「未分類ボックスの6月のクリアホルダーにあるはず」と答えて叱られているので、現実は理想とは程遠い。

だから、この本には非常に期待していた。

著者は担当者の月100時間の残業をゼロにした実績を持つ事務効率化コンサルタント。
その知恵とは……。

「付箋に期限を記入して期限管理」
「書類の原本誤使用防止のために黄色の蛍光ペンで『原本』と書く」

……基本じゃないか。
どこが「最強」なのか首をかしげながら読み進めると、驚くようなテクニックが……

「適当に切った厚紙にパンチで穴をあけて綴じ紐を通し、手製のファイルを作る」

「近所の文具屋に走って、一番安いコクヨのフラットファイル買え! 数冊作る手間時給換算したら、すごい損失や!」と思わず叫んでしまったが。

おそらく、私が自由に事務用品を買える事業主だから、そう考えるのであって、事務用品の経費が乏しく、人件費のコスト意識の低い会社に勤める人にとって、この本は『最強の文具活用術』なのだろう。

書類管理技術に対する私の理想は高すぎるのだろうか。


『ストレスゼロを実現する! 最強の文具活用術』 オダギリ展子 著 PHPビジネス新書
ラベル:事務用品 文具
posted by ゆか at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みコラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング