新着記事

2006年12月02日

『グーグルを超える日』

すでに、Web検索の世界で最大の勢力を持つGoogle。
それを超えようと企てているのは、株式会社オーケイウェブ社長、兼元謙任氏。

オーケイウェブが販売する企業向けFAQシステム(顧客と担当者、部門別担当者同士のやりとりを質問と回答の形でデータベース化、企業内で情報共有)ツール、
ナレッジ統合型CRMツール、OKWeb3 Ver5.5.1は2005年度グッドデザイン賞受賞。

運営するオーケイウェブ・コミュニティから誕生した本『今週、妻が浮気します(中央公論新社)』はベストセラー。
今、勢いのある企業だ。

兼元氏は、Google検索での知識を、誰でも得られる「形式知」。
「質問への回答」で得られる知識を「暗黙知(経験知)」とする。
確かに、的確な答え(知識)を得るのには、自分でネットや本で調べるより、人に聞いた方が早い場合が多い。

兼元氏は「質問と回答」を「コミュニケーションの原点」と考え、これをデータベース化して、
『誰もがあらゆるポータル(入り口)から、困ったときに質問して回答をもらえる「世界知識資産」の場の開設を目指しています』
と、壮大な理想を抱いている。

私は、レファレンスクラブ掲示板では質問者、合気道ねっと掲示板では回答者の立場なのだが。
実は「自分の疑問の核心だけを的確に伝える、曖昧でない質問」も「質問者が自分でもよくわかっていない部分を補足した、的を射た回答」も大変難しい。

今のところ、オーケイウェブ・コミュニティの優良回答者は、『はてな』『ヤフー知恵袋』の優良回答者と同レベルなのが気がかりだ。
オーケイウェブが他社質問回答サイトから一歩リードするのには「なぜ、その答えか? 理由を含む的確な回答」が必要になると思う。

単に儲けるだけでなく、社会貢献を目指しているオーケイウェブの今後に期待したい。

『グーグルを超える日』 兼元謙任 著 ソフトバンクパブリッシング
タグ:グーグル
posted by ゆか at 11:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 本読みコラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28723592
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

オーケイウェブ/ナレッジ統合型CRMツール OKWeb3
Excerpt: 2005年度グッドデザイン賞を受賞した「オーケイウェブ/ナレッジ統合型CRMツー
Weblog: グッドデザイン賞主催者公式ウェブログ
Tracked: 2006-12-03 23:33
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング