新着記事

2012年10月23日

続・改造してますか?

自宅の電話機横のペン立てに奇妙なペンがささっていました。
 
 
透明なプラスチックのペンホルダーに5色のボールペンのリフィルがセットされている。

でも、色の組み合わせが妙だな。
緑、黄緑、ピンク、オレンジ、紫……普通、ボールペンの色といえば、黒、赤、青だけど、それをあえてはずしたような色選び。
なんだろう?

「それは俺のや」

背後から夫の声がしました。

夫はCAD講師。
講座のテキストに記入する時、重要度によって色を使い分けているそうです。
黒、赤、青は日報で使うから、その3色をはずしてゲルインクのリフィルで選んでみたとのこと。

ペン軸は私と同じ三菱鉛筆の「STYLE FIT」。
私は油性インクリフィルで、黒、赤、青。3色のペン軸を使ってますが、夫は5色のペン軸。
仕事によって、必要なペンの色や数は全然違うんですね。

三菱鉛筆の「STYLE FIT」や、パイロット「ハイテックCコレト」。無印良品「選べるリフィルペン」のような「自由にペン軸とリフィルを組み合わせるペン」は、最近人気ですが。

「自由に選べる」から不満がないか……といえば、そうでもないんですね。

実は私はボールペンの青色が気に入らない。
インクブルーのような濃い青で、黒と見分けがつきにくいんです。
「STYLE FIT」の油性ボールペンのリフィルは「ジェットストリーム」。
書き味は好きなんですけどねえ。

ちなみに、2万5千人の文具愛好家が集うmixi『文房具』コミュニティに『改造してますか?』という人気トピックがあります。

お気に入りのペンの軸のデザインは気に入ってるけど、中のリフィルの書き味が気に入らない。
または、リフィルの書き心地はいいのに、ぺン軸のデザインが嫌い。

……そうなると文具愛好家は「ペンの改造」に乗り出してしまう。

「STYLE FIT」は、ペン軸が5色ホルダー、3色ホルダー、単色ホルダーの3種。
ゲルインクボールペンリフィル(signo)が16色で、ボールの直径 は0.28、0.38、0.5mmの3種。
油性ボールペンリフィル(ジェットストリーム) が3色。
シャープペンリフィル(ユニ・ナノダイヤ)。

リフィルは「書き味がよい」と評価の高いものばかりだし、続々と新デザインのペン軸が発売されていることを考えると、かなり選択の幅が広い商品のはずなんですが。
それでも文具愛好家は納得しない。

「STYLE FIT」のリフィルを入れられる他社のペン軸は……

ZEBURA「クリップオン・マルチ」、BIC「限定4色ボールペン」、「PANTONE UNIVERSE」、パイロット「Dr.グリップ4+1」

……結構あるんだなあ。

ただし、ペンのリフィルはメーカーごとに長さや太さが違うので、自分でリフィルを適当な長さに切らなければいけません。
加減を間違えれば、リフィルが台無しになるリスクを承知の上で、文具愛好家は改造に乗り出すわけです。

それにしても、興味深いのは、「STYLE FIT」のリフィルを他社製品のペン軸に入れる話は出てくるのに、逆に「STYLE FIT」のぺン軸に他社製品のリフィルを入れる話は全然出てこないこと。
「STYLE FIT」のぺン軸は、そっけないほどシンプルなものが多いから、皆さん、そこのところが不満なのでしょうか。

トピックの書き込みを見ているうちに、ちょっと勇気がわいてきました。
「STYLE FIT」のゲルインクのリフィルに明るい青があるから、とりあえず青だけ、リフィルを変えてみましょうか。

よく考えてみると、気軽にリフィルを変えられるのも、この商品のメリットでした。
posted by ゆか at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング