新着記事

2007年02月06日

やがて来たる者たち。

しんどくないか?……これが、私が『ventus』を運営する時に、いつも考えていること。
この「しんどい」は、来訪者の皆様と私、両方のことです。

例えば、多くの仕事術の本には「受信メールは、即返信」とあります。
確かに、メールを出す人は、すぐに返事がもらえて快適でしょうが、返事をする人は「ずっと、メールばっかり見なあかん。しんどい」と思っているかもしれません。

私は自分のサイトを開く前に、人気個人HPの作者たちを取材した本を読んでみました。

彼らのほとんどは、SEなどのIT業界の人。
ほぼ一日中ネットに接していて、毎日、数時間かけてサイトを更新している……

こりゃ、ダメだ。
IT業界の仕事をしているわけでもないし、一日中ネットをやっている時間がない

ブログの本も何冊か読みました。
アクセスを増やすコツとして、
「くだらないことでもいいから、毎日更新」
「来訪者に何度も来させるために、あえて更新を不定期にする」
というテクニックも載っていましたが……

私が来訪者だったら、そんなブログ見ないな。

なんとか文章の質を落とさず、無理せずにサイト運営を続けられる方法は
……多少、見かけ上の来訪者が減っても、厳格な更新ルールを作り、守ること……

それが結論でした。

いずれ、ネットに参加する人間は、加速度的に忙しくなる。
ITの知識がゼロ。文を書くことしかできない私が、他のサイトと競争するのは無理。

せめて、私のサイトのアドレスを「お気に入り」の片隅に置いてもらって、時々読みに来てくれる……そんな人を増やしたい。
わざわざ時間をさいて、私の文章を読みに来てくださる方。
その方たちとネット上で、一緒に何かを作っていきたい。

そう考えて、ブログの本に必ず書いてある「ジャンルを限定せよ」を、あえて無視しました。
自分のサイトを特定の人だけが毎日訪れる、内輪のサイトにしたくなかったのです。

おかげさまで、現在、このサイトには色々な方が来られ、にぎわっております。

サイトを作る時、Seesaaのテンプレート(ブログの背景)の中で、一番目に負担のない青を選び、開設以降、デザインを変えていません。
頻繁にデザインを変える(それを勧めるブログの本もあった)と、来訪者の皆様が不安になるでしょう。

そして、それまで見てきたブログの嫌だった点……

「広告が多く記事を読みにくい」
「音を出して来訪者を驚かせる」
「表示に時間がかかる画像や動画を置く」
「トップページに記事を置いて強制的に読ませる」
「ランキング参加の強要」

などをしませんでした。
いずれも、ブログの本で勧めているテクニックでしたが。

ネット上には、魅力的なサイトは無数にありますから、それらと競争するのではなくて、共存するには……
「来訪者の負担にならないこと」しか、思いつかなかったのです……

ところで、この春以降から、検索エンジン、ポータルサイト、ネットショップ、HP、ブログ、掲示板、SNS……
あらゆるネット上のコンテンツは、激変することになります。  

2007年は団塊世代が大量定年を迎えはじめる年。
定年退職して、時間とエネルギーを持て余した団塊世代が、怒涛のごとくネットの世界になだれ込む、その最初の年。

『団塊の世代は日本に約800万人、1%でも8万人です。彼らが今まで生きてきた知識、教養を発信してきた人はほんのわずかだった。でも、これからは自由に情報や言葉を発信するようになっていきます。ネットのサービス自体は2006年とそれほど変わらなくても、さらに多様な世代に広がっていくわけです。』

リクルート『Tech総研』サイト。
2007年1月17日付の記事、『2007年ITエンジニア進化論』。
梅田望夫氏((株)はてな取締役。著書に『ウェブ進化論』(ちくま新書))へのインタビュー。

……うーむ。すごいことになりそうだ。

私の父母は戦中派世代で、団塊世代の人とは「会社の上司」という形でしか、接したことがありませんが、総じて、「パワフルなロマンティスト」が多い。
しかも、基礎的な国語力は、「ゆとり教育」を受けてしまった私たちの世代より、団塊世代の方がはるかに上……

団塊世代がやってくる……

読み物(『ventus』も入る)サイトの世界は、今まで以上に盛り上がるでしょう。
私にコラム執筆を依頼してきたIT企業『ビットウィン』は、読み物専門のポータルサイトを構築していますが、目のつけどころはいいですね。

激変する読み物界(?)。
ついていけるんかなあ。
でも、マイペースでいくしかないか。

さて、意外なことに、「来訪者の負担にならない」という『ventus』のコンセプトは、今注目されている「ウェブユーザビリティ」と同じ。

サイトに何度も来てもらうためには、顧客にとって、サイトの構造がわかりやすく、使いやすいこと……そう気づいた企業が、「ウェブユーザビリティ」を導入しはじめたのです。

「ウェブユーザビリティ」の提唱者は、アメリカのヤコブ・ニールセン博士。
元々「ユーザビリティ」は使いにくさ、判りにくさ、などマイナス面がどれだけ小さいかをあらわす言葉。
現在、ISO9241とISO13407、2つの国際規格があります。
それのネット版が「ウェブユーザビリティ」。

『Uーsite』が、博士の活動や、amazonなどの企業のウェブユーザビリティへの取り組みを刻々と伝えています。

翻訳書『ヤコブ・ニールセンのAlertbox -そのデザイン、間違ってます』(RBB PRESS)も発売されているので、この分野、すこし勉強してみることにします。

激動する読み物界の中で、『ventus』が生き残る、唯一の鍵ですから。
posted by ゆか at 19:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日常コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログの更新、、

悩ましい問題ですよね。。。


私も、以前はほぼ毎日書いていたことが
ほんのわずかな期間ですけど
ありました。。

でも、
辛くなってしまい、
私には合わないと思って、
それ以降は無理せず、マイペースに
やっております。

基本は、「これは面白い!」と自分の
中で感じたことを
友達に紹介する感覚で
発信するようにしています。。
Posted by つちはし at 2007年02月11日 08:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング