新着記事

2013年06月29日

因縁の文具

「『SMART FIT キャリングポーチ』日本文具大賞 デザイン部門優秀賞受賞」……


あの因縁の文具、やっぱり受賞したか。

このニュースを聞いた時、うれしさと悔しさの入り混じった複雑な心境でした。

ファイルメーカーのリヒトラブが発売した、『あなたのワーキングシーンにスマートにフィットするカバーノート&キャリングポーチ』がコンセプトの『SMART FIT』シリーズ。

素材は軽いポリエステル。
スマートフォンやデジタルがジェットなどのIT機器を傷つけないように、ポリウレタン緩衝材が入っています。
色はオレンジ・ネイビー・ベージュ・オリーブ・ブラックの5色。

「カバーノート」はA5とB5の2種類。
表紙にスマートフォンや葉書、ペンを収納できるポケット。
中をあけると向かって左側がカードやチケットが入るポケット。
中央にバインダー金具。
右側には、ツイストリングノートがバインダーに綴じられた状態で入っています。
ワーキングツールをまとめて持ち運べる便利なカバーつきノート。 

問題は「キャリングポーチ」。
サイズは、7−8インチのタブレットが入るA5、10インチのタブレットPCが入るB5、13インチのノートPCが入るA4、背面にベルトループのついたA6サイズの4種類。

マチの広いポケットとフラップつきで、クラッチバッグ、バッグインバッグ、別売りのショルダーベルトを取りつけるとショルダーバッグとして使える。

……「何があかんねん。機能的でええやんか」と思われた方もおられるでしょうが。

実は昨年末、頻繁に文具特集をすることで有名な某誌から、「あなたの文具収納術をご紹介ください」というお話をいただきました。

私はリヒトラブのA5のバッグインバッグを愛用していました。

小型ポケットのサイズも頃合いで、ファスナーで「コ」の字型に全開する大型ポケットも気に入っていたのですが、問題は、大型ポケットのマチが薄いこと。
たくさん物を詰め込めないし、大型ポケットの片側にしか小型ポケットがないので、物を入れるとバランスが悪く、トートバッグの中で転がる。

そこで、同じサイズのバッグインバッグを2つ用意して、ポケットがない側を背中合わせにする形で、黒い平ゴム(スカートやズボンの中に入っているゴム)で間をつなぎ、「マチ」を作りました。
入れる物が増えて大型ポケットが変形しても、鞄の中で安定して直立するように、あえてマチの底はつけない。

バッグの中で固定できるようにストラップ用金具をつけて、バッグの内側にも留め具をつけて完成。
バッグインバッグは、ベルクロとファスナーでポケットを閉じることができるので、ストラップをつけると持ち歩きも楽。

写真と説明をメールで送ったところ「ありがとうございました」の、そっけない返事だけ。

……嫌な予感がしました。

そして2月、文具祭りに出かけた時、リヒトラブの新商品コーナーで、私は愕然としました。

そこにあったのは、私が某誌に送った写真と似たもの……『SMART FIT キャリングポーチ』。

違いはマチに底があって、フラップがついてるだけか。
まずいな。

「これは2月中旬発売予定の新商品です」

案内してくださった事務用品商社の方に、雑誌に送った自分のアイデアと同じで、たぶん、記事は没になるだろうという話をしたら、「それは残念ですね。最近ユーザーさんの発想もすごいですが、メーカーの開発者は365日、一日中考えてるんですから」と笑われました。

文具祭りの翌日発売された雑誌には、私の写真は載っていませんでした。
私とメーカーが非常に似たことを思いつき、雑誌の発売日と新商品の発売時期が重なる「不運な偶然」だけど、365日、1日中商品開発してるんだったら、ユーザーの私と同レベルではダメでしょう。

とはいえ、この商品は機能的なので、A6のキャリングポーチは愛用中。

今度は私を驚かせるような商品を作ってくださいよね。
タグ:アイデア
posted by ゆか at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367825252
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング