新着記事

2013年08月03日

『社会人1年目からできる!企画立案の教科書』

企画立案は難しい。


この本にも『企画立案に王道はありません。一つでも多く企画書を書く、これが上達への道です』などと、冒頭に恐ろしげな言葉が載っている。

著者は株式会社創造開発研究所の社長。
CI戦略や発想法、宣伝やPRのスペシャリストだ。

『社会人1年目からできる!』とタイトルにある通り、この本は企画立案の63のコツについて、初心者にも分かりやすく解説されている。

過去の企画書をチェックし、フィールドワークし、社内の人に積極的に話しかけ、交流会に頻繁に参加し、「活字情報」「映像情報(テレビ)」「電波情報(ラジオ)」「IT情報」「ライブ情報(現場やイベント)」などを常にチェックし、SNSでアンケートをとる……情報収集だけでも大変だ。

さらに、問題意識を高める技法や、新たな切り口を見つける方法、企画を提案先に魅力的に伝えるテクニック……

読んでいるうちに息苦しくなってきた。
企画って、こんなに大変な作業だったのか。

確かに、この本を参考にすれば、かなり精度が高い企画書を作成できる。
しかし、「優れた企画」が「通る企画」とは限らない。

最近、私は相手が「何かよい企画があれば」と言った場合、婉曲に断るようにしている。
本当に企画が必要な場合は「○○について、△△のような企画がほしい」と具体的な要望があるものなのだ。

「通る企画」を作るのが目的ならば、マーケティングや新しい着想よりも、企画の持ち込み先の内情の把握の方が重要なのだが、この本には、それがほとんど書かれていない。
新社会人、または社会人経験が短い企画職の人がテクニックだけに頼って、いたずらに挫折ばかりしないかと心配だ。

新社会人よりは、ある程度企画の経験を積んで、「もっといい企画書を書きたい」と願っている人の方が、この本を生かせるのではないかと思う。

『社会人1年目からできる!企画立案の教科書』 齊藤 誠 著 阪急コミュニケーションズ
ラベル:アイデア
posted by ゆか at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みコラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング