新着記事

2014年06月17日

気血(前編)糸口

2月に倒れて以来、いまだに合気道の稽古に出られていません。

さまざまなストレスを一人で抱え込んだ結果、致命的な病気になる前に、自己防御本能(身体の意思)が、「強硬な警告」として「意識がはっきりしたまま棒のように倒れる」発作を起こしたらしく、検査しても脳機能に異常はなく、診断は「自律神経障害」。

今、私を悩ませているのが「発汗発作」です。
暑くもないのに、突然上半身に火をつけられたような熱感が駆け巡り、じっとりと汗をかく。
「代謝が高い証拠だろ。いいじゃないか」と思われた方もおられるでしょうが、暑くもないのに汗をかくのは自律神経疾患。
しかも汗をかいた後に背中や肩が冷えるので、肩こりが辛くなる。
 
このまま夏……もっと汗をかく季節になったら、どうなるんだろう。
どんな条件が重なると発汗発作が起きるのかは、まだデータが足りなくてわからない。
でも、真夏の大阪のクーラーは、室内ではカーディガンが必要になるほどきつい。
このままでは冷えで体調が悪化する。

しょうがない。夫に相談してみましょう。

夫は空手四段剣道三段少林寺拳法三段大東流合気柔術二段柔道初段。
柔術の有段者でもあるので経絡にも詳しい。
柔術の世界では、昔から人間の筋肉や骨の構造、経絡やツボの研究が進められ、現在では柔道整復や整体の技術に活かされています。
柔術家の中には整体師を兼ねる人もいるほど、柔術と東洋医学のつながりは深いのです。

「ちょっと相談があるんだけど」
「なんやねん」

テレビを見ていた夫は不機嫌そうです。

「前に、私は体が冷えやすい「陽虚(ようきょ)」の体質って言ってたよね」

夫に手首を取ってもらいました。

「相変わらず冷たい手やな」
「冷たいけど、自分では「冷えてる」とは感じてない。でも、自分で「冷えてる」とわかるところは具合が悪い部分や。温めると楽になる」
「そりゃ、冷たいところは気血(きけつ)が滞ってるんやから、調子悪いのは当たり前やろ」

東洋医学では「血流」と「気のめぐり」を重視しています。
気血の流れが狂うと代謝や水分の排泄が狂い、体の動きも悪くなり、免疫力も弱くなって病気になりやすい。

「喘息の方は手の太陰肺経の経絡で小康状態だけど、最近気になるのは、暑いわけでもないのに、突然汗かきはじめることやねん。汗かくのは上半身だけや。しかも肩甲骨の間が痛い。普通の時は手足が冷たくても平気やねんけど、汗かく発作が起こったら、すごく体が冷えた感じがする。これからクーラーの季節になって、よけいに冷えるし、即効性の自律神経のツボとかあるかな。そのツボだけでもカイロで温めたらいいのかな」

「太陰肺経(たいいんはいけい)」とは、手にある呼吸器疾患に効くツボの集まりです。
これは自分で押せるのですが、自律神経系の経絡は数系統あり、しかも自分では押しにくい背骨付近に多いのです。

「肩甲骨の間が痛いいうことは、気血の流れが悪いな。経絡は対処療法に近いからな。もっと根本的に体質改善せんとあかんやろ」

そんな話をしているうちに、タイミングよく発汗発作が起きました。
背中から頭にかけてのイガイガした不快な熱感。
汗はしたたるほど出るわけではなく、額に汗がにじむ程度。
発作が収まった後、夫に手首をとってもらいました。

「さっきとは質感が違うな。じっとりして冷たい。気化熱で体が冷えて、もっと気血の流れが悪くなる。悪循環や。そやけど、素人のお前のレベルでできることは、体全体の気血の流れを活発にすること程度やで。気血の流れをよくするには、運動が一番や。例えば合気道とか」
「合気道。悪くないね。技をかけられてる最中に受け身取り損ねて、頭を強打して即死か。喘息で20時間かけて窒息するよりも楽な死に様だなあ」
「あほっ! そんなことは俺が絶対許さんっ! 危ないから合気道行くな!」

夫は顔を真っ赤にして怒りました。
しまった。冗談のつもりだったのに。
私はあわてて言いました。

「大丈夫。冗談や。合気道は自分でペースを調節できるから。例えば、準備の柔軟体操が終わって、危ないと思えば、そこから見学にまわる」
「……お前なあ。それやったら、何のために合気道やってるのかわからんやんか」
「まあ、気長に養生がてら、合気道の稽古しようと思ってる。リハビリという意味では、ちょうどいい運動量かもしれない」

夫は大きく溜息をついた後、しばらく黙っていましたが、突然立ち上がりました。

「ちょっと、そこへ立ってみ」

……次回に続く……
ラベル:柔術 合気道 ツボ
posted by ゆか at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 武道系コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング