新着記事

2014年10月18日

『教える技術 チーム編』

多様な人材が集まったチームで効率よく仕事するには……


これまであまり考えたことがなかった。
企業や役所の場合、同僚と「犬猿の仲」でも上司と不仲でも、仕事自体は動いていくものだからだ。

『北摂叢書』の本は、小野高速印刷直営の『BookWay』が印刷・製本・販売するが、「著者の原稿を整える作業」は、こちらでやらなければならない。
文章は私がなんとかできるにしても、カメラマンとイラストレーターが別に必要になる。
どんなコミュニケーションのとり方で仕事を進めていけばいいだろうか。

著者は行動科学マネジメント研究所所長。
この本は、管理職向けに行動分析学の手法を応用した「行動科学マネジメント」で、上司自身もストレスなく、部下とのコミュニケーションをとる方法が具体的に書かれている。

「仕事で成果を出すためのコミュニケーション」と「部下との信頼関係を築くコミュニケーション」は、まったく違う方法で行なわなければならないようだが。
「仕事」の方はともかくとして「信頼関係」の方が難しい。
「自分のプライベートなことを積極的に話してきっかけを作る」

……どうしたらいいんだろう。

これまで他人には「自分の事情」を極力言わないようにしてきた。
「20年ほど義母の介護に関わっている」と言っただけで、相手の顔が引きつり、自分と相手の間に壁ができることが多いからだ。
同じ「家族の問題」でも、子育てと違って介護は「災い」とされている。

では自分の事情を伏せているとどうなるか。
子どもがいないし、趣味は読書、介護で旅行する余裕もなかった。
相手は子どものことや趣味や旅行を何の屈託もなく話し、私が聞き役に徹していても、しだいに相手は不審を抱く。
これで失敗するケースも多い。

本に書かれている中で、不器用な私にもやれそうなのは「ともかくほめる」。
しかも「質より量」。
仕事で相手を徹底的にほめる。
今のところ、それしかないようだ。

『教える技術 チーム編』 石田淳 著 かんき出版
ラベル:ビジネス
posted by ゆか at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みコラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング