新着記事

2015年10月04日

『お金に強くなる生き方』

『「もし今、自由に使えるお金が100万円あったら何に使うか」という質問にどう答えるかで、その人となりが見えてきます』

私の答えは「風呂や台所のリフォーム。ゆったりと広いお風呂で疲れを取ったり、足腰に負担のない台所で、夫婦で料理を作ったりするために。それに中古住宅でも、水まわりがリフォーム済みだと売る時に有利だから」。

私たちには子どもがいないので「老後に自宅をどうするか」が、いずれ問題になる。
最近、ファイナンシャル・プランナーの勉強をはじめたのは、不動産の運用や相続の知識が必要なのと、自分の資産状況を正確に把握できれば、「北摂叢書」の事業も安定して続けられると考えたからだ。

ついでにいうと、私がお金に関心があるのは「お金がないばかりに失われる文化が増えた」からだ。

さて、この本の著者は元外交官。
ソ連崩壊後のロシアで、「50ルーブル紙幣(5000円冊)と100ルーブル紙幣(1万円札)が明日から無効になる」事態に直面している。
その当時、モスクワの人々は、タバコのマールボロを通貨の代わりに生活していたそうだ。恐ろしい。
日本でも、そんなことが起きるのかと不安になってきた。

著者は半径5メートルの人間関係、家族、友人、仕事のパートナーとの関係を豊かにすること、お金を使わずに済む生活を心がけることで、大変な時代を生き抜けると言っているけれども。これから税と社会保険の負担がどんどん増えていく。

「お金を使わない工夫」も大事だが「財産を守るための知識」も必要になると思う。
「税や年金がわからない。そのうちなんとかなるだろう」が一番危ない。
FPテキストの社会保険「老齢年金」を読むと、生きているのが嫌になる。

ところで、この本で意外に役に立つのが、各章の最後についた書評。
【「お金持ち」を考えるための本】【「格差社会」を考える本】【「お金と投資」を考える本】【「お金の作法」を考えるための本】【「お金と人間」を考える本】。

読んでおくと役に立ちそうな本が、たくさん紹介されている。
お金について書かれた本のうちでは「地に足が着いた」本だと思う。

 佐藤 優 著 青春出版社
タグ:年金 税金
posted by ゆか at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みコラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427193882
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング