新着記事

2015年10月08日

閑話休題

皆さん、ご心配かけて申し訳ありません。


ある人から「あなたがネットで書いてることを、参考に(パクるの意味)させてもらいますから」と言われて以来、ネット上の発言に神経質になっています。

ネットで私の発言を詳細に調べて、現実の場で干渉する人々も増えました。
なんでもかんでもネットで書いているわけでもないので、毎度のことながら、的外れな言動にはとまどいます。

例えば「「おおさか地域創造ファンド」に採択されたんですね。うちも受けたのに」と、にらまれた件。

「地域資源を活用した新事業」のみが採択される大阪産業振興機構「おおさか地域創造ファンド」は、事業者を個別に呼び出す審査方式で、受けた事業者名も落ちた事業者名も発表されません。
私も自分が審査を受けた状況しか知らないし、誰がライバルだったのかもわからない。
にらまれても対処に苦しむ状態。

この助成金が非公開審査なのは、落ちた事業者がプランを練り直して、再応募できるチャンスを与えるため。にらんでないで再チャレンジしてみたらいいのに……とは思うのですが。

来年も募集がありますから、ぜひ挑戦してみてください。

ところで、昨日某所で言われた言葉が頭に焼きついて離れず、とうとうパソコンに向かうことができなくなりました。
更新を楽しみにしていた皆さん。本当に申し訳ありません。

眠れなくなるほど私を苦しめた言葉は……

「ライティングアドバイザーなんて意味があるのか。ディレクターがいるじゃないか」

丸一日考えた結論。

和訳すると「文書作成助言士」と「監督」、両者は異なる存在である。

ディレクターは「文章」のほかに「映像」や「音響」のメディアに関わりますが、ライティングアドバイザーは「文章」に特化した仕事。

私が代表を務める「北摂叢書」は、「本と継承」をコンセプトにしたコミュニティビジネスで、「戦争の語り部体験を再開させられれば十分」「この商圏限定で収益を上げるために資料を」などの特殊な要望にも対応。
「地元のために細く長く続けてゆくべき事業」ということで、豊中市と豊中商工会議所のサポートを受けています。

ファイナンシャルプランナーの勉強をはじめたのは、この資格の中に「相続・事業承継」の科目があり、小ロット事業承継用社史なども扱う関係で必要を感じたからです。

仕事の目的で考えると、ディレクターは「知名度を高めて売上アップ」で、ライティングアドバイザーは「最適化のサポート」。

「拡大のディレクター・継続のライティングアドバイザー」かな。

……書いてみて少し自分で納得できたような気がします。
さて、大阪勧業展に向けてがんばりましょうか。
posted by ゆか at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427429109
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック