新着記事

2015年12月09日

2016年の手帳

さて、いよいよ今年も終わりですね。
いろいろなことがありました。
「ライティング・アドバイザー」商標取得。
豊中市共催で好評な「オリエンス」を使った絵本イベント。
「大阪勧業展」「とよなか産業フェア」
株式会社長井工務店「ほんまもんの大工の「手刻み」で「セルフリフォーム」」の増刷。

投稿した文化財の写真が「豊中市公式ページ写真コンテスト」の2次審査の最中で、今のところ投票数で7位。
素人の撮影だから、特別賞受賞は難しいかもしれないけど。
入賞した写真は広報誌やサイトで紹介されるのはうれしい。

そういえば、昨日、豊中市立図書館から電話がかかってきて……豊中・箕面のデジタル写真を保全する写真家団体「北摂アーカイブス」に、来年からフォトエディターとしての参加することになりました。
自分で本を作っていく上では、単に文章がうまいだけではなく、編集のセンスや造本の基礎知識など、覚えなければいけないことが、たくさんあるのです。

来年には、1月と5月にファイナンシャルプランナーの試験があるし、豊中市の方を取材した3冊目の本が2月に出ます。
後半の方は、まだはっきりした予定がないけれども。
来年はどんな年になるのか見当がつきません。

でも、あと1ヶ月もしないうちに、来年になってしまうんですね。
あせって梅田のハンズやロフト、伊東屋、紀伊國屋書店の手帳コーナーをみるんですが。
今年はお客が少ないような気がします。
やっぱり、スマホやパソコンでスケジュール管理する人が多いのかしら。
相変わらず人気があるのは「ほぼ日手帳」や「能率手帳」「ジブン手帳」でしたね。

来年の自分の手帳は……
どうしようかな。バイブルサイズのシステム手帳を使っているけれども、だんだん面倒になってきた。
手帳のほかに、メールやSNSなどの行動を記録するツールは多いのですが、記録の場所がバラバラで、どこへ統合させればいいか迷っているところ。

予定を書くには便利なバイブルサイズの手帳も、最近は予定ばかり書いている状態。
いつでも持って歩くソメスの「ライティングパッド」と同じサイズでのA4、薄くて軽いミドリの「フラットダイアリー」を使ってみようかなあ。

来年は、いつも通りにシステム手帳用のダイゴーのカレンダー形式のリフィル、そして、ミドリの「フラットダイアリー」。
両方使いつつ、メールやSNSの情報記録の統合に挑戦してみたいと思います。
やることが増えると記録も増えますからね。

来年が楽しみなってきましたよ。

タグ:手帳
posted by ゆか at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430895223
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック