新着記事

2007年06月09日

『団塊格差』

『団塊の世代』……終戦直後に生まれた人々。

ビートルズに熱狂し、学園紛争を起こした後、突然企業戦士になり、マイホームを手に入れ、年金を満額もらって悠々自適の老後……戦後のいいとこ取りをした世代と思われているが、実際はどうだろう。

実は、この本を『本読みコラム』でとりあげるか、かなり迷った。
なにしろ、著者は消費社会研究家の三浦展。
あの『下流社会』の著者。

かつて、『下流社会』をとりあげようとしたのだが……
「時間のムダだった」で終わってしまい、コラムが書けなかったのだ。
しかし、今回は、気になる団塊世代がテーマ……しかたがない。

この本の基本資料「団塊世代2000人調査」。

「なんで2000人?」の疑問はさておいて、Yahooリサーチのインターネット調査結果というところが不安。
私も回答経験があるのだが、設問が細かく、時間がかかるわりに報酬が少ない。

4070人に発信、有効回答数2156人。
回答者は、「暇のある自己主張が強い人々」と考えてよいと思う。

この本は、データより、結論が先にあるような感じがする。

例えば、調査結果について『おそらく中卒者のほうがパソコン所有率は低いので、ますます回答者に入ってこない』と書くが……。

今はネットカフェや図書館などからネット検索できるし、所得の高い人ほど「時は金なり」という感覚が強いので、未回答だった可能性が高い。

それに「やっぱり女性にもてたい」と43%が回答……と驚いているが、どの世代に質問しても、似た数字が出るのではないだろうか?
この本は、本当に団塊世代の実像に迫ったのか?

私は前から、なぜ若者が団塊世代に威圧されるのか、考えていたのだが、それは、団塊世代が「教師」や「上司」だったからではないか。

「団塊世代像」は幻で、彼らは、様々な価値観を持つ、普通の人々かもしれない……

そう思えたのが、せめてもの収穫だ。


『団塊格差』 三浦 展 著 文春新書
タグ:団塊世代
posted by ゆか at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44288420
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック