新着記事

2018年03月23日

春手帳の楽しみ

いよいよ新年度。
これを機会に手帳を買うという人も増えました。
私が使うのは1月はじまり手帳ですが、日付や六曜程度しか印刷されていない手帳リフィルなので、ちょっと物足りない。
何か、楽しくする工夫はないのかしらん。

そこで魅力的な紙文具を作るメーカー「ミドリ」をのぞくと……やってました。
特集「手帳ライフを楽しく便利にする10アイテム」。

トップバッターは手帳が見やすくなる「手帳シール」。
続く「月間ブロック付箋」はカレンダーの1マスにぴったりサイズの付せん。
予定を書き込んで、カレンダーに貼り、日程変更があったら付せんを移動するだけで便利

カレンダーの日付を目立たせたり、予定を書き込んだりする「フィルム付せん」は、手帳との相性も抜群です。
動物がページの間からぴょこっと顔を出して、大事なページが一目で分かる「インデックスフィルム付箋」もかわいい。

色とりどりの栞にも見える、開きたいページがサッと開けて便利な「インデックスシール」。
手帳やノートのページを、マグネットで挟んで留める「マグネットマーカー」。
私も使っていますが、意外に磁力が強く、パチッと紙が留まるので、使っていて安心です。

強力シールで貼り付けるだけで、手帳を閉じておける「ベルトシール」。
スナップとマグネット2つのタイプから選べます。
私はベルトシールを、新品のクリアファイルを入れるホルダーにつけています。
ホルダーが開きにくくなって便利。

スプリング式「ミニクリップペンホルダー」は、コンパクトで無駄のないデザインが魅力。
買ったはいいけれども、いまだに使い方が決まらない商品。

「クリップバンド」をノートに装着すると、不要な開閉を防いでうっかり中身が見えることもなし。
A6、B6対応で小さめの手帳に向いています。
手帳に挟むだけで、メモやToDoリストなどの「機能」を追加できる「手帳用ノート」。
これも便利そう。

ミドリの「手帳を楽しく使ってやる!」の情熱には、本当に頭が下がります。
これからも、かわいらしくて実用的な手帳グッズが出てくることを楽しみにしています。
 
ラベル:文具 手帳
posted by ゆか at 04:14| Comment(0) | 日常コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング