新着記事

2018年03月30日

家計簿とパーソナルファイナンスと私

元々私は働く主婦なので、主婦向けの雑誌やフリーペーパーの家計簿診断コーナーを熱心に読んでいました。
でも、どうしても違和感があったのです。

必ずといっていいほど、ファイナンシャルプランナーが登場して、家計のやりくりについてアドバイスしていますが、出てくるのは、子どものいる30代夫婦で。
悩みは「家を買いたい」か「子どもの教育費を確保したい」。

その当時は、まだ30代でしたが、子どものいない夫婦で遠距離介護に仕送りがかかり、私が喘息持ちだから医療費もかかる。
紙面に登場するアドバイス前の食費の少なさ、貯蓄の多さにため息が出ますが、ファイナンシャルプランナーは、さらに食費・光熱費・通信費・保険料・通信費を減らすことをアドバイスしているのです。

……ああ、なんてやりくりの下手な私。

介護を抱えていると外出しにくいので、外食やレジャーに出かける機会はほとんどなく、外食費とレジャー費の項目はありません。
家にいる時間が長いので、必然的に光熱費が割り増しになる。
夫婦が二人で料理するので、食事が娯楽の一面を兼ねていて削減しにくい。
子どもがいないから教育費はないけど、介護費と医療費はかかる。
喘息持ちだから保険を削減するのは怖いし……

家計簿を真面目につけていても、どうしてもうまくいかないので、結局、簿記をベースにした貸借対照表と損益計算書と予算表を併用する、独自の家計管理形式に落ち着きました。
自治会やマンション管理組合の会計と似た方式です。

雑誌に登場する主婦のように、家計簿を駆使して、きちんと家計管理できなかったコンプレックスを抱えながら、いつ終わるとはしれない介護と戦い続けました。

ちなみに、『生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査」平成27年度』によると、介護期間(現在介護を行っている人は、介護を始めてからの経過期間)は平均59.1カ月(4年11カ月)。
介護費用(公的介護保険サービスの自己負担費用を含む)は、住宅改修や介護用ベッドの購入などの一時費用が平均80万円。月々の費用が平均7.9万円。1年で94.8万円。
これは生活費を除いた「介護のみ」の費用です。

それを考えると我が家の介護期間22年は長すぎるし、総額1000万は安すぎる。

3年前に、夫が転職した時には、豊中市就労支援課の担当者にキャッシュフローソフトを使った「家計診断シミュレーション」をしてもらいました。
私の思うほどには、我が家の家計は悪くなかったのに驚きましたが、そのシミュレーションのおかげで、夫はあせらずに再就職先を見つけることができました。

FPになろうとしたのはその時ですが、一番の動機は「自分の家計をなんとかしたい」。
銀行や生保や証券会社の人で、業務上FP資格を取って、相談の経験を重ねて独立開業する方とは、ちょっと違う道を歩んでいます。

私が向かうのは「パーソナルファイナンス」。
どちらかといえば、執筆したり教えたりする系統のFPへの道です。

「パーソナルファイナンス」は個人の事情に合ったお金の管理のこと。
日本FP協会の『パーソナルファイナンス』のテキストには、こう書かれています。

『個人および家族が自らのライフデザインとライフプランニングに表現される「人生の幸福」を実現することを目的として、誕生、成長、自立、成熟、老後、相続といった長期間にわたる様々なライフステージにそって、どのように労働能力を形成し、そこから最大の税引き後キャッシュフローを生みだし、それを株式、債券、預貯金、不動産といった有形資産と消費へ配分し、有形資産のアセットアロケーションを考え、負債も考慮し、リスク管理しながら資産形成し次世代に継承していくかをテーマとするファイナンスの一領域である。』

簡単にいうと「個人が自分のお金を自分で管理すること」。
具体的には「金融資産や不動産をうまく活用して財産を増やす。無理な借金をせず、きちんと国や行政の制度を活用して税金を払いつつ、子どもを育てて、自分のやりたいことをし、できれば家族に財産を残すことができるようにする」

それが「パーソナルファイナンス」の理想形。
いつかは「パーソナルファイナンス」の大切さを子どもたちに教える人になりたいですね。
ラベル:金融 税金 保険
posted by ゆか at 23:59| Comment(0) | お金のこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング