新着記事

2018年06月15日

お小遣い帳とお年玉

突然ですが、皆さんはお小遣い帳をつけたことがありますか?



私は記憶がないんですね。
親に必要な分だけ請求して、お釣りを返すルールだったので、「お小遣い」がなかったのです。

昭和後半の子どもは「どうせ無駄使いするに決まってる」と、お金をもたせてもらえないことが多く、ほしい物を買ってもらえず、店の前で泣きわめく子どもの姿が、毎日当たり前のように見られました。

ちなみにお年玉は、いとこの数が多いため、親戚同士の話し合いで「1人あたり2000円」と金額が決まっていて、お年玉をもらって喜んだ瞬間、親が没収。
その後、お年玉がどうなったのか。はっきりとは思い出せません。
なぜか集まったお年玉を親からもらった記憶がない……まあ、あまり深く考えないようにしましょう。

高校のころ、ようやく「弁当代」として、週に2000円、お小遣いが出るようになりましたが、毎日食堂で一番安いきつねうどんを注文し、浮いたお金はレンタルレコード店や本屋で使ってしまいました。

この当時、高校生のアルバイト先は、ファーストフード店の店員ぐらいしかなかったので、「バイトなんかしたら勉強しなくなる」と、長い間アルバイトには反対されていましたが、ようやく許されたのは郵便局で年賀状の仕分けする仕事。
初めて手にした給料は、たちまちカセットテープとレンタルレコード代と本に。
年末年始限定のアルバイトだったので、この時、お小遣い帳をつける習慣はつきませんでした。

社会人になっても、給料を天引きで積み立てて残りを本やCDに使う、大雑把なやりくり。
結婚してすぐに介護生活がはじまって22年続き、いくらかかるかわからない医療費と介護費に悩まされます。
結局、家計簿の家計管理に失敗して、商業簿記の知識で家計をフォローする……

これまで「お小遣い帳」とは縁のない、無計画な人生を送っていたわけですが。

これからは、きちんと家計を管理したい……これもファイナンシャルプランニングに魅かれた理由の一つ。

私が所属する日本FP協会は、今、「パーソナルファイナンス教育(金融経済教育)」に力を入れています。

日本FP協会のサイトでは、生活者が破綻しないように、ライフステージ別に身につけておくべき知識やスキルを整理した『パーソナルファイナンス教育スタンダード』が公開されて、高校での出張授業がはじまったばかりですが、『初等教育段階(小学生)』で知っておかなければならないことに『将来の目標・夢に関心をもっている』という項目があります。

……このころの私がなりたいのはデザイナーでしたね。
「本の中に出てくる美しいものが、自分でも作れたらいいなあ」と漠然と思っていました。
今考えると、この「漠然と」がよくなかった。

『仕事をすることでお金が得られることを知っている』
『お小遣い帳をつけることができる』
『お小遣いやお年玉を、保護者を通じて金融機関に預けることができる』
『目的を考えてお小遣いやお年玉を貯蓄することができる』

『事故や災害で生活が大きな影響を受けることに関心をもっている』
『公共施設の事例を学ぶことを通じて、公共サービスの存在に関心をもっている』
『物の購入に消費税がかかることを知っている』
『お小遣い帳をつけることで、何にお金を使ったかを知っている』

『電子メディアの機能に関心をもっている』
『物・サービスの価格に関心をもっている』
『経済活動にはお金が必要であることを知っている』
『銀行の役割について関心をもっている』

……耳の痛いことばかり書かれていますね。

『パーソナルファイナンス教育スタンダード』は、『小学校学習指導要領解説 社会編』と重なる部分がありますが、内容が算数寄りです。
そしてFPらしい独特な項目が『倫理・責任感』。

『保護者や友達との約束を守ることができる』
『日常生活と環境のかかわりに関心をもっている』
『買い物などの消費生活を通じ、物やお金の大切さに関心をもっている』
『家庭や学校などの場で、進んでみんなのために働くことができる』

……生まれた時代にも問題があるけれども、これを子どものころに知っていれば、もうちょっと苦労しないですんだかもしれません。

「パーソナルファイナンス教育」の小学校への浸透には、10年ほどかかりそうですが、導入されたら、カード破産・老後破産する人が減ったり、貧困から抜け出せる人が増えたりするでしょう。

とりあえず、自分のところのパーソナルファイナンスをがんばります。
posted by ゆか at 17:01| Comment(0) | お金のこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング