新着記事

2018年07月27日

茶人の疑問(前編) 回復

強い日差しが照りつける中、私は急いで坂を上っていました。



急がなければ、茶席が終わってしまう。
いつもは外国人観光客や囲碁クラブの子どもたちでにぎわっているはずの、日本民家集落博物館も、気温が35度を超えると誰もいません。

じりじりと肌を刺す強い日差しは、日傘なしでは歩けないし、時折吹く風は熱風。
あまりの暑さに蝉も鳴くのをやめています。

時々、立ち止まって水筒のお茶を飲みながら、夏の強い日差しに押しつぶされて、静まりかえった林の中の道を抜けていきます。
合成塗料で塗りつぶされたような不自然に青い空。濃い木々の緑と黒々とした木陰。

坂道を上ると、木々の間から国登録有形文化財「北河内の茶室」の屋根が見えてきました。
ここで額の汗を拭いて、また水分補給。
ついでに展示されている古民家の写真を撮ったりして。
我ながら物好きな私。

「北河内の茶室」は、月に2回、土曜日の午後、茶席がある時だけ一般公開されるのです。
それ以外にお点前をいただくチャンスはありません。

さらにしばらく歩いて、ようやく茶室につきました。

「こんにちは」

私はにじり口ではなく、縁側から茶室の中に声をかけました。

「ごぶさたしております」
「ほんと、ごぶさたしてたわねえ。さあさあ、中へどうぞ」

茶道の先生方は愛想よく迎えてくださいました。

「この暑いのに物好きだわねえ」
「夏休みになる前に来たいと思いましたので」
「ちょうどよかったわ。今日が7月最後で、9月まで休みになるから」

私は縁先で靴を脱いで、茶室に入りました。

この茶室は江戸時代中期に建てられたもので、クーラーはありません。
最近の豊中市は体温を超える暑さの日が多いので、熱中症を避けるために、8月の茶席は休みになります。

「今日は暑すぎるから人が来ないのよねえ」
「子どもは危なくて外へ出られないのよ」
「昔とは全然暑さが違うもの」
「それにしても、あなたも、この暑い中、よく来られたわね」

3人の先生方は、全然暑さを気にしておられる感じはありません。

「久しぶりに来てくれたんだから、今日は盆点前」
「いきなり盆点前ですか?」

驚く私に、先生はにこにこしながらおっしゃいました。

「普段、家でも点ててるんでしょう」
「そうそう。今日は実力テスト」
「今日はチェックするからね」

盆点前は、自分で茶を点てて飲むものですが、それなりに作法があります。
しばらく家で適当に点てていたから、「作法通りにやれているか」となると、全然自信がありません。

「私、器の準備してくるわね」

もう一人の先生が、うれしそうに水屋に下がられました。
茶室に残った先生はお二人。
釜に向かう先生と、床の間の前で居住まいを正す先生と。

私は『日々是好日(にちにちこれこうじつ)』と、墨痕鮮やかに禅語が書かれた掛け軸を眺めました。
クーラーなしの江戸時代の茶室は意外に涼しく、昔の人の知恵が偲ばれます。

釜に向かう先生は、作法通り柄杓で水を汲みました。

「ところで、最近、合気道の稽古には行ってるの?」
「えっ?」

私はうろたえました。
まさか茶席で合気道の話になるとは。

「……あの、なんで合気道の話なんですか?」
「そりゃ、言うわよ。私も合気道を見たのは初めてだけど。あなた、にじり口から、すうっと入ってきて、昔のお侍さんみたいな動きで床の間に進むんだもの。驚いたわよ」

そうでした。
この茶席に初めて来た時、無意識に合気道の「膝行(しっこう)」をやってしまって驚かれたのでした。
ちなみに茶道では両手の拳を畳の上について進む「にじる」という動作が正解で、正座したまま膝を使って前進する「膝行」は禁止です。

「私も、合気道を見たのは、あれが初めてだったから、驚きました」

床の間の前におられる先生も、そう言われましたが。
実は、これは私にとっては辛い話です。

「……合気道、今は自信がなくて。やってないんです」
「どうして?」
「それは……」

その時、水屋から先生が盆と器を持って入ってきました。

……次回に続く……
ラベル:武道 合気道 茶道
posted by ゆか at 23:27| Comment(0) | 武道系コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング