新着記事

2018年12月21日

2019年の手帳

いよいよ2019年になりますが、皆さん、新しい年の手帳は決まりましたか?

バタバタしてるうちに、年の瀬を迎えてしまったダメな私。
来年は、もうちょっと考えないとダメでしょう。

来年といえば、ファイナンシャルプランニング、CFP試験ですね。

この試験は「ライフプランニング」「タックスプランニング」「リスクと保険」「金融」「不動産」「相続」の6科目があり、一度合格した科目は受験免除。科目合格で7.5ポイントの単位がもらえます。

日本FP協会のAFP(2級ファイナンシャルプランニング技能士)と、その上級資格CFPは更新制の認定資格で、AFPは2年で15単位、CFPは30単位取らなければ失効。
なぜか私は現時点(1年半)で63.0単位持ってる。……まあ、それはいいとして。

CFP資格審査試験は1年に2回、2日間(1日に3科目ずつ)にわたって試験があります。
1日目が「金融」「不動産設計」「ライフプランニング」。
翌週にあたる2日目が「リスクと保険」「タックスプランニング」「相続」。
それぞれ試験時間が2時間ずつ、1日あたり6時間あるので、全部一度に受けるのは、かなり大変。

期限がないので、何度落としてもかまわないとはいえ……10年間毎回落ちるのも、ちょっとなあ。

あるCFP認定者の方から「どうしても苦手な科目があるから、その科目だけでも学校へ行った方がいい」というアドバイスをもらったので、学校のパンフレットを取り寄せてみました。

来年の6月試験が6月9日と16日。
11月試験が11月17日と18日。
3科目ずつ2回で合格できるかというと、ちょっと自信がないから、2課目ずつ3回でなんとかしたいところ。

手帳に記入して……。

とりあえず、レイメイ藤井のバイブルサイズのシステム手帳リフィル「キーワード」のマンスリータイプを使っていますが……。
男性向けのシンプルなデザインで、機能的だけど地味。
かわいいシールを貼りまくってデコレーションするのも抵抗がありますが、ビジネスライクすぎる。
もうちょっとなんとかならんか。

ということで検索してみると、『日経ウーマンオンライン』の特集「マンスリーを徹底的に使いこなす 手帳活用アイデア集」が出てきました。

5mm方眼ミシン目入りで、好きなサイズや形にちぎれる半透明付箋、ヤマトの「Chigiru note (チギルノート)」。
長さ5cmの長さにカットされたシール状のマスキングテープ、キングジムの「KITTA(キッタ)」。
いずれもきれいなパステルカラー。
私が使うには、ちょっとかわいらしすぎて照れますが。

無印良品の「インデックスにもなるチェックリスト付箋紙」「フリースケジュール付箋紙」、パイロットの「黒いふせん」は、シンプルで男女関係なく使えそう。

新しい年を迎え、気持ちを切り替えて、来年はもう少し明るい気分ですごしたいですね。
posted by ゆか at 23:58| Comment(0) | 文具コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング