新着記事

2019年01月25日

いだてん(後編)体力、気力、努力

2019年のNHK大河ドラマ『いだてん』ですが……

このドラマの主人公は「マラソンの父」と呼ばれる金栗四三で、嘉納治五郎ではありません。
空手4段剣道3段少林寺拳法3段大東流合気柔術2段柔道初段の夫と、合気道初段の妻の武道家夫婦は、この番組を見ていると、どうしても「日本柔道の父」こと嘉納治五郎の動きばかりに目がいってしまいがちですが、金栗四三は3度もオリンピックに出場し、日本初の駅伝「東海道五十三次駅伝」や正月の風物詩の「箱根駅伝」を考案した偉い人です。

『玉名市』公式サイトの『マラソンの父 金栗四三さん』

を見ると、金栗四三が、どれほど玉名の人々に愛されているかがわかります。

マラソン普及のため、下関〜東京間・樺太〜東京間・九州一周を踏破し、全国走破。
生涯に走った距離は25万キロ・地球6周と4分の1。

……いやあ。なんでこんなに走れるんだろう。

100メートル走のトラックの途中、喘息発作でリタイアしていた私には、ちょっと想像がつきません。
走り切った時の爽快感というのは、実感はできないけど、気持ちのいいもんなんでしょうね。

番組では「スッスッ、ハッハッ」と2回ずつ息を吸ったり吐いたりしながら走っていく姿が印象的でしたが、これは「金栗走法」と呼ばれています。
金栗走法のポイントは、体の前に出さずに腕の振り、2回吸って2回吐く。この2呼吸ずつ吸ったり吐いたりする呼吸は、私が喘息の発作を次第に治めていく時の呼吸法と同じです。


金栗四三は、明治45年(1912)のストックホルムオリンピックでは、競技中に猛暑のために棄権し、森の中で倒れました。そのためスウェーデン人の間で「マラソンの途中で消えた日本人」と語り伝えられることになります。
ストックホルム大会から50年目の夏、昭和37年(1962)にスウェーデンの新聞記者が「消えた日本人」の謎を解明するため、玉名の自宅で金栗を取材。
スウェーデンの新聞やテレビで大きく紹介されます。

昭和42年(1967)、金栗四三が75歳の時に、スウェーデンオリンピック委員会から、オリンピック55周年記念祝賀行事への招待が届きました。
四三は、大観衆の中で10メートルほど走り、用意されていたゴールテープを笑顔で切りました。
その瞬間、「日本の金栗選手、ただ今ゴールイン。記録は通算54年と8月6日5時間32分20秒3。これをもちまして第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了といたします」との粋な場内アナウンスが流されたそうです。
生真面目で一生懸命だった金栗四三は、スウェーデン人にも愛されていたんですね。

「体力、気力、努力」の精神で、世界を相手に戦った「マラソンの父」、金栗四三。
武士の出てこない大河ドラマ『いだてん』が、その後、どんな展開になっていくのか、毎週楽しみです。
ラベル:柔道 マラソン
posted by ゆか at 23:59| Comment(0) | 武道系コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング