新着記事

2019年03月15日

春の節約手帳

さて、ようやく確定申告シーズンが終わりました。

今、猛烈に反省しています。……もっと仕事せんといかんなあ。もっと経費にシビアな人にならなければ。
まずは節約かな。

そこで、日本能率協会サイトの特集『カリスマ主婦の節約手帳術』を見てみました。
ここでは「カリスマ主婦」として有名な鎌田なお子さんが登場。

・前日に翌日の行動計画を綿密に立てる。
・独自の略語を使い、持ち物や用件もしっかりメモする。
・欲しい物やあこがれの人の写真を手帳に貼る。

……ほんとにこれだけで節約できるのかなあ。

一方、「MONEY VOICE」の特集記事は『欲しい理由」と「いらない理由」を手帳に書き出す節約術→意外な弱点とは?」
Twitterユーザー、しらこちゃん (@kokoropinpin)さんが日々実施しているという、話題の「無駄使い対策」。

日用品以外のほしいものができると、手帳に「ほしい理由」と「要らない理由」を書き、前者のメリットが上回った場合のみ、その商品を買うというルール。
冷静に必要なものだけを買えそうな感じがします。

しかし、この方法には副作用があります。

『要らない理由の「無くても死なない」が強すぎて何も買えなくなってきた』

それはちょっとしんどい。

「お金を使わないんだったら、それでいいんじゃないか」というご意見もあろうかと思いますが、なんでもかんでも「無くても死なない」と切り捨ててしまうのは、ストレスになってしまいそうです。
「なんとしても節約したい」という熱意もわかるだけに、難しい問題ですね。

ちなみに、ファイナンシャルプランナーの私も「自分のお金の使うくせ」を把握して、4月から手帳を使った合理的節約に挑戦してみます。

私は自己啓発の集まりや勉強会になると、財布のひもがゆるみがちなので、スケジュールの項目に、イベントと、それにかかる費用を一緒に書き込みます。
例えば「4月13日 歓迎会♡」ではなく「4月13日 歓迎会 参加費▲5000円 タクシー代▲2000円」と書いておきます。
こう書くと、せっかくの歓迎会が楽しくなくなっていきますが、、無駄にお金を払うことはなくなるでしょう。

私は確定申告の時に「ここで飲み会に出かけたのはまずかった」と反省することが多いので、そのお金を使って、どの程度情報収集と人脈発掘ができるか、きちんと査定して、次の行動に入りたいと思っています。

去年までは接待交際費にかかるお金の流れが正確でなかったのが、目標通りに貯められなかったのが悔しいので、4月からはがんばります。
なんのためにお金を貯めるのか?……もちろん、リフォームのためです。
私と家族が清潔で安心の家に澄んで、おだやかに過ごす。それが、私の理想です。

手帳に書き込んだことは現実化する……という説が、どの程度本当なのか?
これも一緒に見ていきたいと思います。





ラベル:手帳 ノート
posted by ゆか at 23:59| Comment(0) | 文具コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング