新着記事

2019年08月30日

手帳のフライング

そろそろ手帳を買い替えなければいけない。



少しあせりだしてきたのは、手帳が書き込みで埋め尽くされはじめたからです。
FPWomanの連載コラム『令和からはじめる新習慣・5つのステップで1か月、確実にお金を貯める手帳術』

の「使ったお金を手帳に書き留める」というのを実際にやってみたところ……

「こんなにお金使ってるのか自分!」と恐ろしくなってきました。

今まで交際費の見込み金額やカードの引き落とし日、税金の振込期限などの「使う予定のお金」について書いてきましたが、「使ったお金」、特に光熱費や通信費のような1日単位で使っているわけじゃないものの金額まで書くと、「なんとしても節約せんと」という気持ちになってきます。

「手帳にお金を使う予定を書く」というのは、交際費やネット通販での衝動買いに対する抑止力として、非常に効きますが。
スケジュールと引き落としの金額とイベント予算。
それしか書いてない手帳なんて、とてもじゃないけど、人様にお見せできるものじゃありません。

一度金額を書き込みはじめると、書かずにはいられなくなってくるのでした。
手帳に使うお金の金額を書いておくと、「予算をきちんと把握している」ということで、安心できるからです。

しかし、最近、金額を書き込める空欄が足りなくなってきました。

……10月から消費税が上がるんだなあ。これを機会に手帳の中身を変えた方がいいかもしれない。

ということで、2019年が終わっていないのに「10月はじまり手帳リフィル」を探すことにしました。

ネット検索していると、2020年の「10月はじまり手帳」は意外にないのですね。
来年の手帳を売っているところでも「12月はじまり」が多いんです。
しかも「システム手帳リフィル」という難しいこと言ってるからかなあ。

HIGHTIDE ONLINE 
「ハイタイド 手帳 2020年 (2019年10月はじまり) Qタイプ リフィル (B6 スリム マンスリー)」
……やっと見つけたと思ったら綴じ手帳でした。品のいい文字が見やすいデザインなのに。惜しい。

ハイタイドは「ちょっとレトロな外国製品」のようなデザインの雑貨が多くて、好きなブランドのひとつ。
検索に引っかかった「10月はじまり手帳」は、リフィル、カバー、ゴムを選んで自分でカスタマイズできる手帳「レプレ」。
20色の表紙、18色のゴムバンド、3タイプの大きさの用紙を組み合わせて「自分だけの手帳」が作れるというもの。
女性が好みそうな美しい色と、ビジネスにも使えるシンプルなデザイン。
楽しそうだけど、システム手帳リフィルじゃないところが残念。

ところで、システム手帳の大手「フランクリン・プランナー」は1月・4月・7月・10月の年4回、システム手帳のリフィルを出していましたが、原材料費と送料の値上がりで、販売価格を維持したままで、15か月分のリフィルを出すことになっています。
1月はじまりと4月はじまりが兼用、7月はじまりと10月はじまりが兼用で、年2回発行になるのか。
……なかなかせちがらいなあ。

『10月始まりをご購入いただいておりました方は7月始まりをご購入ください』

ということは、7月はじまり手帳を買ってもいいわけだ。
値下がりしている今年の手帳のリフィルを買っておいて、来年になると同時に入れ替える方法もある。

……ええっと、混乱してきましたね。
もうちょっと、よく探してみましょう。
9月末まで、まだ間がありますから。
ラベル:2020年 手帳
posted by ゆか at 17:42| Comment(0) | 文具コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング