新着記事

2021年10月29日

ほぼ日手帳の「?」

さて、そろそろ今年の手帳を決めなければ……まだ迷ってる私。A5サイズでガントチャートが入っていて、なおかつ軽くて薄い手帳……なかなかないものですねえ。
A5サイズのシステム手帳だと重たくなるので、ここは軽い綴じ手帳の方がいいけれども。

今使ってるのが、デルフォニックスの「ロルバーン ノートダイアリー」で、カレンダーとガントチャートだけのシンプルなデザインの手帳。

ただ、残念なのは紙の色。
黄色すぎて、老眼が入った世代にとっては、目が疲れるんです。
シャープペンシルで書いているからかもしれないけど。

年寄りにとっては「目が疲れる」というのは、かなりのストレスなんですよ。

ということで、来年の手帳は別のメーカーの手帳を探してみましょう。……
「A5」「ガントチャート」「マンスリー」「薄型」「シンプル」の条件の揃った手帳派は意外にないんです。

「メモ帳とか路線地図とか、そんなんいらんねん!」と叫びそうになりました。

「いっそExcelで自作した方が早いんじゃないか」とも思いましたが……
煮詰まってきたので、ちょっと目先を変えましょう。

手帳周りの文具でも……ユニークな手帳周りの文具を売り出していることで知られるのが、「ほぼ日」。
「ほぼ日手帳」と組み合わせるためのオリジナル文具も豊富で、楽しいデザインのものが多いんですが、それなりのお値段ですね。

ここで珍しいものを見つけました。
2021年11月1日発売の「ほぼ日ノオト」。セミB5(179×252mm)の小ぶりなサイズのノート。
「デザイン心理学」にもとづいて作られた「目のストレスを軽減する」、新型の罫線を使ったノートらしい。

……ところで「デザイン心理学」って何?

とりあえず調べてみました。

「デザイン心理学」とは、株式会社BBStoneデザイン心理学研究所が行っているもので「認知心理学」と「人間工学」と「統計学」を活用したデザインの改善や、コンサルティングのこと。

「会社名、製品名などの見てほしいポイントを、消費者がいかに正確に早く見つけられるかを統計で分析する」「感覚量を客観評価する」「脳血流を測定して人の無意識下ので行っている意思決定を検知」ということが研究されているらしい。

……もし、それが医学的に可能になると、世の中のデザイナーは、全員失業するかもしれないなあ。

でも、なんだかつまんない世の中になりそうな気がする。

私も「色彩検定UC(ユニバーサルデザイン・カラー)級」の有資格者なので「誰にとっても見やすい色や形の組み合わせ」が存在するのはわかるんですけど。
「このデザインなら誰でも絶対に買う、といデザインしかない世界」は、ちょっと怖い気がします。

話は元に戻りますが、「ほぼ日ノオト」の罫線は「目に優しくて集中力が上がる」効果を狙って開発されたもの。
短い横罫線と縦のものすごく短い線が入った控えめなデザインで、紙も白度を抑えた優しい色で、鉛筆やシャープペンシルになじみそう。

で、気になるのが「集中力が上がる」ですが、これは実際に書いてみないとわからない。

「ほぼ日ノオトは本当に集中力を上げるのか?」

……これについては、ぜひともユーザーのアンケート結果を発表してほしいものですね。期待していますよ。

(この記事は2021年10月29日付の情報をもとに書かれています)
ラベル:手帳
posted by ゆか at 23:57| Comment(0) | 文具コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング