新着記事

2007年07月21日

『人生の落第坊主』

『各界の名文家による‘04年版ベスト・エッセイ』……やれやれ。

本の帯の推薦文の文言の大仰なこと。
この本に作品を収録された「名文家」の一人としては、気恥ずかしい。

表題の『人生の落第坊主』とは、ドイツ文学者の池内紀氏のエッセイ。

たぐいまれな才能を持ちながらも、『世に合わず、役に立たない頑固さ』を持ったがゆえに『せっかくのチャンスに「中央」に出そびれた』。
そして世に埋もれた人々……
大変耳の痛い話だ。

実は、私の作品が、日本で最も権威のあるエッセイ集に選ばれた2004年夏。
皮肉にも、この時私は絶体絶命だった。

1993年から入退院を繰り返していた夫の母の病状が悪化。
介護保険申請を決断。
認可率3割以下の申請。
その上、介護者と被介護者、親族、介護施設、病院、行政の思惑が錯綜し、毎日状況が二転三転。

夫までもが過労で倒れて入院。
私は無我夢中で奔走した。
結局、申請は下り、義母は奇跡的に回復。夫も退院した。

後に、ある人に「せっかくのチャンスやったのに。なんで、その時、病院に旦那と姑ほっといて、荷物まとめて、東京に出ぇへんかったの?」と言われて驚いた。

そんなこと、考えもしなかった。
「中央に出る」には、そのくらいの覚悟がいるらしい。

3年たって、文庫版が出版された2007年。
現実を変えられず、「埋もれたまま」の私。
今年は強運期なのだが、残念ながら2004年と同じく、今の自分の居場所を守るために、運を使い果たしてしまう……
そんな予感がする。

次回のチャンスは、3年後の2010年。
その時の私はどうしているのだろうか? 

『頑固に自分を変えない。言い回し上手に自分を言いくるめない。世間的尺度に、しなやかに合わせることもしない』……

池内氏の言う『役に立たない頑固さ』を持ったまま、あいかわらず、私は、今と同じ場所に立ちつくしているのかもしれない。
 
『人生の落第坊主』 日本エッセイストクラブ編 文春文庫
posted by ゆか at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48746598
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック