新着記事

2007年09月15日

『ビルダーバーグ倶楽部』

武道家のKさん(『古を鑑みる』(後編)などにコメントあり)からのリクエスト。

ビルダーバーグとは、世界の有力な政治家、銀行家、多国籍企業が、秘密裏に組織した国際機関。
著者は、長年、ビルダーバーグを追いかけているジャーナリストだ。

世界中のエリートたちが加入するビルダーバーグ。
目的は世界統一。
世界を一つの市場、一つの政府に統合し、全人類にマイクロチップを植え込み、その思想や行動、人生までも管理するもの。

年一度の各国代表者が集まるビルダーバーグ会議。
そこで決まった計画が、CRF(外交問題評議会)や、北アメリカ、西欧、日本に拠点がある三極委員会などの下部組織によって、秘密裏に巧妙に進められている……らしい。

この本は、内容が、あちらこちらに飛ぶので、国際問題に詳しくない私としては、読んでいて、わからないことだらけだ。

しかし、2005年度ビルダーバーグ会議出席者名簿。
これほどの重大機密を公にした著者が、いまだに存命中なのが、最大の謎かもしれない。

「世界を一つに」……今、Googleがしている「世界中のものにインデックスをつけて分類」。
すべてにICタグをつけ、品質管理するユビキタス。

ビルダーバーグでなくても、何かを「一括管理」しようとする技術は多い。
悪用されれば恐ろしいことになる。

私は子供の頃、明治生まれの祖母ハンナ・オコンネルから、戦時中の日本の話を聞かされた。

……食べたいものが食べられず、量も極端に少ない配給制の食事。
「隣組」による相互監視や密告、不当逮捕と拷問。
航空機を作るために、家庭の鍋釜まで取り上げられ、「勤労奉仕」の名の元にタダ働き……

かつて、そんな恐ろしい時代が、日本にもあったのだ。

この本を読んで、それを思い出した。
今のうちに、「統一管理技術」の使われ方を、厳しく監視し、個人の自由を守るルールを制定する必要があると思う。

『ビルダーバーグ倶楽部』 ダニエル・エスチューリン 著 バシリコ
タグ:国際問題
posted by ゆか at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みコラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55435794
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング