新着記事

2005年08月16日

武道系コラム(についての日常コラムです)

こんなことを続けていて本当にいいのか……時々、いらだちと不安にとらわれて、稽古から遠ざかることがあります。私には「合気道初段を取り、丹田呼吸法を習得して、持病の喘息を軽くする」という明確な目標があるのに。
我ながら軟弱でいけませんね。

でも、今回のスランプはかなり重症でした。

ちょうどブログもはじめていたし、初心に戻るつもりで、『合気道へ』の三部作を書いてみました。
書き上げて「風をめざす者らしくなく、また熱く語っちゃった。あーあ。でも、すっきりしたからいいや」なんて呟いていたら……

『合気道』でキーワード検索して、このサイトに訪れる武道家の皆様が現れ、合気道シリーズは『本読みコラム』と並ぶ、人気コンテンツになってしまいました。

訪れた武道家の皆様の中には「なんだ、この武道コメディーは。不謹慎な」とか「正面打ち一教の技の説明が大雑把すぎる」など、ご不満もあろうかと思います。

でも、アクセス解析によると、『日常コラム』を読んでいる方が、そのまま『武道系コラム』を読んでいるのです。
武道をあまり知らない来訪者の皆様のために、こんな形式のコラムにしておりますが、どうかご容赦ください。

武道精神や合気道の技術論については、大勢の武道家の皆様が、ブログやHPで研究成果を発表されていますから、興味を持たれた方は、そちらをご覧ください。
特に「OCNブログ人」の合気道ブログリンク集は内容が充実しています。

カテゴリ名を『合気道コラム』ではなく『武道系コラム』としたのは、これから、合気道の話の他に、護身術、空手、大東流合気柔術などの話もするかもしれないからです。

私自身、「白昼の路上で金属バットを持った精神異常者と戦うはめになる」ような『実戦』、何でもありの野蛮な世界からやってきたので、合気道一筋の武道家の皆様とは、合気道に対する視点が、すこし違うかもしれません。
でも、見え方が違うだけであって、見ているものは同じです。

私の師範は「正解にいたる方法は色々あってよい」とお考えの、心の広い方なので、私のような跳ね返りでも、破門されずに稽古を続けることができるのです。

私が道場のことを書くことで、師範や道場の皆様にご迷惑がかかってはいけないので、所属道場名を明らかにすることは差し控えたいと思います。

これからも、時々『武道系コラム』を書きますが、どうかよろしくお願いします。



posted by ゆか at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5942759
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング