新着記事

2005年08月23日

何がご専門ですか?

「島村さんは、小説でもノンフィクションでも賞をとられて、今度はベスト・エッセイ。ご専門は何ですか?」「面白い文章を書くのが専門です。読んでくださった人の役に立つものを書きたいですね」

そう答えると、大抵、質問した人は不満そうな顔をします。

確かに物書きとしてやっていくには、「売り」になる専門分野やイメージを確立して、マスコミに売り込み、読者層を限定してしまった方が、得なのはわかっているんですが……


昔、私は国文科で日本文学の最高峰にふれました。

古事記、日本書紀、万葉集、枕草子、源氏物語……千年以上読み継がれてきた物語。
今の日本語に比べると外国語に近い「古文」という独特な文章なのに、いまだに現代人の心をとらえ続けるその力。

正直、私は打ちのめされました。

子供の頃から本が好きで、作文も得意だったけれど、一生かかっても、この領域にたどりつけない……

それなのに、気がつくと、また文章を書いている。


たとえ文章が下手でも、せめて、私でなければ書けないものを書きたいと思います。
それに私は物知らずで、作品を書くために調べ物をすること自体、勉強になって楽しいので。

図書館司書の資格を持ち、レファレンス(的確に資料を探す技術)のトレーニングも積んでいるので、テーマが決まり次第、即座に資料を集め、専門家でも読むに耐えるレベルの作品を書ける自信はあります。

これからも色々なことを勉強して、もっと文章がうまく書けるようになりたいですね。

この変なコラムの文章も、読んでくださった方に少しでも楽しんでいただければ幸いです。




posted by ゆか at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6161302
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック