新着記事

2005年09月20日

世間は意外と進んでました。反省。

先週の日曜日の夕方のこと。私は台所で家事をしていました。
隣の部屋では、夫がテレビをつけっぱなしのまま、うたたねしています。

隣の部屋から「天気予報です」と女性の声が聞こえたので、私は皿を洗っていた手を止めて、テレビを見に行きました。

喘息患者にとって、気象の変化は自分の健康に直結する重要な問題。
主治医から「低気圧、特に寒冷前線や台風の接近。それと最低気温と最高気温の差が10度以上ある日は警戒するように」という指示も出ています。

近畿地方の明日の天気、降水確率、気温……と、普通に進行していた番組が、次の画面に切り変わった時、私の目はテレビの画面に釘づけになりました。

「週間喘息予報」……ほんの一瞬映っただけでしたが

画面を横に3分割して、上の段から「関節炎」「ぜんそく」「熱中症」。
9日間を3日ごとに分割し、「すこし」「すこしひどい」など、かなり大雑把で曖昧な表示でしたが……

世の中はここまで進んでいたとは……

普段、この時間にはテレビをつけていないので、この予報がいつから始まったものかはわかりません。
でも「熱中症」とワンセットになっているということは、比較的最近のことでしょう。

前に「魔の季節、到来」で書きましたが、喘息とリウマチは、昔から「気象病」と呼ばれるほど、気象の変化によって、症状が悪化する病気です。
すでに医学データは揃っているのですから、予報しようとして、できないことはありません。

ただ、喘息やリウマチへの世間の人々の理解が、花粉症ほどにないのがネックだと、ずっと思っていました。

ところが最近は、テレビで喘息特集を、よく見かけます。
残念ながら、特に目新しい情報はありませんが。

ブタクサやイネ科の花粉アレルギーを持つ喘息患者にとって、秋は花粉が飛ぶ危険な季節ですが、最近増えたダニ・ハウスダストアレルギーの患者にも、気候が急激に変化して、病状が悪化する季節でもあります。

この病気が年間5000人の死者を出す「死の病」だということも、ようやく世間の人々にも知られてきました。

「喘息の人間は心が弱い」と医者が公言し、患者は肩身の狭い思いで暮らさなければならなかった25年ぐらい昔から考えると、本当に世の中は進みましたね。


ところで、最近、自分が世の中の動きから取り残されて、どんどんダメになっていくような、そんな気がして不安になります。
元々私は、そんなに賢いわけでもないし、かなり間抜けだとは思いますが。

インターネットで、ぎっしりと書き込まれた検索結果表示に圧倒されて溜息が出たり、大きな書店の本棚にあふれかえる新刊書の山をながめて、ただ呆然と立ちつくしたり。

自分が何のために、どんな情報が必要なのか。何を選べばいいのか……


すこし焦り過ぎているのかもしれません。


posted by ゆか at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7118181
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング